タグ:のぼりべつクマ牧場 ( 7 ) タグの人気記事

登別温泉ロープウエイ

d0153062_948758.jpg


今日明日の二日、登別温泉では地獄まつりが行われますが、
残念ながら今年も見に行けそうにありません。

そこで登別温泉ロープウエイの画像をアップ。
4月下旬の蔵出しですが。

登別温泉ロープウエイ。
のぼりべつクマ牧場へ行くための唯一の移動手段の為、
運賃も入場料に含まれています。

山麓駅
2頭のクマの剥製がありますが、
その真ん中のぬいぐるみ。
これは確か のぼりべつクマ牧場CM で、お父さんがぬいぐるみを着て
「たかし~ これがクマだ!」
と言っていた、あのぬいぐるみでは・・・。

d0153062_9482585.jpg
d0153062_9484242.jpg


何だかスキー場を思い出します。

d0153062_949631.jpg


山頂まで1,260m、高低差300メートル
通常秒速3メートル、時速10.8K、片道7分程

強風だと減速し、10分程になります。

d0153062_9492724.jpg
d0153062_9494337.jpg


ホテルの建ち並ぶ、登別の温泉街や
近海の海岸線も見えます。

帰りには、野生のシカが草を食べている姿も見ました。

今日明日は、登別温泉街も賑やかでしょうね。
こちらを訪れる方も多いと思います。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-08-29 10:18 | 登別 | Comments(0)

クッタラ湖展望台

d0153062_919584.jpg


4月末の蔵出し画像になりますが、クッタラ湖展望台。
のぼりべつクマ牧場内の
レストランやヒグマ博物館のある建物の屋上になります。
この日の数日前に降った、季節はずれの雪が少し残ったクッタラ湖。

こうして見るとクッタラ火山の火口湖と言うのがよくわかる。
ヒメマスもいますが、それに関しては支笏湖や洞爺湖の方が
やはり有名でしょうか。
「食ったら?バーガー」なる、シカ肉の入ったハンバーガーが
周辺で販売されています。

屈指の水質を誇るクッタラ湖。
ここの伏流水は某店でよく飲みますが、そのたびに思い出す風景です。

d0153062_9192038.jpg


登別駅周辺や登別漁港、富浦など一望できます。
左のオレンジっぽい感じの屋根はマリンパーク。

d0153062_9194752.jpg


登別から室蘭方面への海岸線。

かすかに写る山は駒ケ岳。
肉眼だともう少しはっきり見えていたように思います。

d0153062_92043.jpg


登別温泉周辺の風景。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-29 09:35 | 登別 | Comments(4)

クマ山第2牧場

d0153062_9334263.jpg


のぼりべつクマ牧場。
クマ牧場に行きながら、クマの画像をアップするのをすっかり忘れていました。

第2牧場はメスのクマが集められています。

d0153062_9342835.jpg


オスよりも活発で、ひょうきんなポーズでエサをねだるものも多い。

こっちは器用に木に上り上空から手を振っています。

d0153062_9351894.jpg


こちらは立ち上って・・・

d0153062_9354076.jpg


お祈りポース。

対象物の無い写真だと、タヌキかアライグマのようです。

d0153062_936355.jpg


手を上げているもの。

エサを投げると、器用に口でキャッチしたりもします。

d0153062_9362473.jpg


手を振っています。

調教されてやっている訳では無く、自主的な行動のようで
年を取るとこう言ったポーズを取る事は無くなり、
そうなると客からすると面白く無いので、引退と言う扱いにになり
客には非公開の老いたクマを集めた場所で、余生を送るそうです。

d0153062_9364421.jpg


ごみステーションに見立てたカゴがお気に入りのクマ。

一日数回クマの腕試しと言う、飼育係によるクマの習性や能力を解説する時間があり、
その時クマがごみステーションを開ける事が出来るかと言う実験でカゴの中にエサをまくので
きっとこの場所が大好きなのでしょう。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-16 09:53 | 登別 | Comments(4)

アヒルのレース 勝者は

d0153062_937282.jpg


前回までのあらすじ

ここは、のぼりべつクマ牧場内のアヒル小屋。
数種類のリボンを首に巻いたアヒルたちのレースが行われています。

ずっと写真を撮っていた為成り行きでレースに参加。
一番羽根のつやが良く、美人だった緑の勝ちを予想。

多忙の為、すっかりアップが遅れましたが、
アヒルのレース結果発表です。

d0153062_9391167.jpg


スタート。

d0153062_9393058.jpg


どうしてこんなにも必死に走るのかと言いますと、
もう一人の係員の方が逆の方向で、パンの切れ端を見せているから、
みんな必死に走るのです。

d0153062_9394968.jpg


勝ったのは緑。
当たった。

d0153062_940954.jpg


走ってのどが渇いたのか、代わる代わるに水を飲むアヒルたち。

d0153062_9402913.jpg


緑の偉い!よくやった。

続けてこのブログをご覧下さっている方はご存じと思いますが、
私は大のカモ好き。
アヒルとはカモを家禽化したものなのです。
日頃の観察の成果も少しはあるのかも。

d0153062_9404765.jpg


ちなみに控えの選手は奥にもいるので
疲れてきたら選手交代になるのでしょう。

d0153062_9422448.jpg


当てると記念品がもらえます。

AHIRU RACE CHAMPIONと書かれたプチタオルと
ウイニングチケット。

今年の行楽地は、のぼりべつクマ牧場はもとより
周辺のテーマパークも例年以上の混雑だったとか。
ゴールデンウイーク期間にこれを直に見た人もきっと多かったでしょうね。
結果はどうでしたか?

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-06 09:56 | 登別 | Comments(4)

アヒルのレース

d0153062_933964.jpg


のぼりべつクマ牧場内のアヒル小屋。
数種類の色のリボンを付けたアヒルたち。

ここではアヒルのレースが行われています。

d0153062_9333216.jpg


「おしりも見てもらうよ」 との調教師さんの掛け声に答えて
一斉におしりを向けるアヒルたち。

全員女の子との事でした。

d0153062_9335961.jpg


写真を撮っていたので、成り行きでレースに参加する事に。

緑のアヒルにしました。
チケットは1枚200円。

今写真で見ると他のアヒルと何ら変わりは無いですが、
この時肉眼で見た限りでは、
羽根のつやが良くて一番美人だったように思います。

d0153062_9343920.jpg


レーンに向かうアヒルたち。

d0153062_934573.jpg


アヒルのレース、始まりです。

d0153062_9353815.jpg


スタート。
一斉に駆け出すアヒルたち。

勝ったのは・・・・


  次回に続く

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-02 09:37 | 登別 | Comments(8)

ユーカラの里

d0153062_9302020.jpg


ユーカラの里。
のぼりべつクマ牧場内にあり、
明治初期のアイヌ民族の生活様式を再現した場所。

d0153062_9304549.jpg


アイヌ民族のチセ(家)が点在しています。

d0153062_9311040.jpg


一日数回、重要無形文化財に指定されている
アイヌ民族舞踊も公開されています。

この日は最初の公演は、途中からしか見られなかったので、
もう一度訪れると私以外の観客は無く、
貸切状態で民族舞踊を披露してくれました。
見ているこちらも少々緊張・・・。

d0153062_9313956.jpg


チセの一つは資料館になっていて、
生活用具など多数展示されています。

d0153062_9323778.jpg


周りに雪がありますが、数か月前の蔵出し画像だからでは無く、
今週降った雪。

登別温泉の遠くの山は雪でうっすらと白く、
ユーカラの里でも除雪をしている方もいました。

d0153062_933518.jpg


それぞれのチセは、資料館や売店などになっているようです。

d0153062_9332870.jpg


プと言う食べ物などを貯蔵する蔵。

d0153062_9334552.jpg


湿気を防ぐため高床式で、
樹皮で出来たネズミの侵入を防ぐネズミ返しも付いています。
弥生人の米蔵などでも見られる仕掛けです。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-01 09:35 | 登別 | Comments(4)

ツキノワ・アトラクション

d0153062_9441115.jpg


のぼりべつクマ牧場に行ってきました。
様子はこれから小出しにアップするとして、
今日は4月21日から、5年ぶりに再開したクマのアトラクションの様子です。

d0153062_9444570.jpg


ツキノワグマで、
クマ牧場で主に飼育されているヒグマと比べると小柄。

通常全部で10分くらいで終わる芸だそうですが、
クマが少しさぼると30分、
かなりさぼると50分位かかるそうです。

d0153062_945530.jpg


名前をジュンと言います。
「こいずみ」 と言う名字もあると言うのは
たぶんジョークだと思います。

d0153062_946437.jpg


調教師が隣で芸をさせると言った、従来の方法を取らず
リモコン操作による給餌機でクマを誘導する事により
自然の姿を演出すると言う新しい試み。

d0153062_9473063.jpg


ジュンとは別のクマ。練習風景。

ステージの背面が強化ガラスの為、明るくて肉眼で見る分にはいいのですが、
カメラの測光はうまく働かず、仕上がりのいい写真が取れにくい場所でもあります。

d0153062_9481862.jpg


エサ探し。
民家で冷蔵庫を開けて中の物を食べていたと言う事も
実際にあったそうです。

ヒグマよりも木登りが得意で、手先の器用さもわかります。

他にも丸太を渡ってシーソーのような事もしたのですが、
写真には出来ませんでした。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-04-29 10:27 | 登別 | Comments(0)