鉄板お好み焼き厨房・豆

鉄板お好み焼き厨房・豆_d0153062_9315047.jpg

鉄板お好み焼き厨房・豆。

国道沿いの大きめで目立つ建物ですが、お好み焼きも美味しいと聞き、
屋外に画像集めに行けない雨の休日に、行ってみる事にしました。
鉄板お好み焼き厨房・豆_d0153062_9321152.jpg

内部。
広くて、風情のある内装。
お好み焼き以外にも焼きそば、焼き鳥、などの焼き系のメニューがあり、
鍋物も数種類ありました。
鉄板お好み焼き厨房・豆_d0153062_933761.jpg

正しいお好み焼きの作り方。

一般的には焼いた物を出してくれますが、
自分で焼く事も出来るらしい。お気軽にお申し付けくださいと書いてあった。

九条ねぎ豚お好み焼きを注文。
鉄板お好み焼き厨房・豆_d0153062_934492.jpg

一度温めて余熱のある鉄板の上に、注文のお好み焼きを置くスタイル。
フラッシュの光が鉄板に反射して、周囲が暗く写ってしまった。

外はカリッと中はふんわり。
お好み焼きの常道を守る予想に反しない出来でした。

それと、カレーラーメンほどではないですが、油などの臭いが服に付いてしまうので
気になる方は注意です。

鉄板お好み焼き厨房・豆
苫小牧市新中野町2丁目1-7

  ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
# by gajousan | 2008-06-02 09:51 | 苫小牧 | Comments(2)

さんふらわあ船内

さんふらわあ船内_d0153062_11104846.jpg

苫小牧港(西港)入港中のさんふらわあ。
西港のフェリー運営会社は、
太平洋フェリー、川崎近海汽船、商船三井フェリー
の三社だったと思いますが、さんふらわあは商船三井フェリーの船。

さんふらわあ は夕便のさっぽろ、ふらの と
深夜便のしれとこ、だいせつ と言う四隻あります。
さんふらわあ船内_d0153062_11112053.jpg

ホテルで言う所のフロント付近。
確か、これはドック明けのさんふらわあふらの。
絨毯など張り替えたので、以前よりきれいになった。

ドック明けとは自動車で言う所の車検後、みたいな物らしい。

洞爺湖の遊覧船なら
♪洞爺湖、洞爺湖、洞爺の湖畔~と言う有名なBGMがありますが、
さんふらわあは
♪さんふらわあ~さんふらわあ~太陽に守られて~いこう~ です。
これを知っているあなたはかなりの通です。

このBGMのCD、以前は売っていたらしい。
フェリーでの旅の愛好家もいて、ヘビーユーザーの中には買う人もいる。
さんふらわあ船内_d0153062_11144690.jpg

夕便には食堂がある。
確か深夜便には存在せず、自販機で食べ物、飲み物を売っているのみらしい。
さんふらわあ船内_d0153062_11151821.jpg

食堂。ホテルの食堂と変わりないですね。
長い船旅、食べるのは最高の娯楽。
大人1600円のバイキングなら利用してみるのもいいかも。

素朴な疑問ですが、悪天候で船が大揺れの時はどうなるんでしょうね。

私は商船さんと川崎さんの船しか見たことが無いですが、
フェリーオブサイヤーと言う賞を連続で取っている、太平洋フェリーの船は
もっと豪華だと言う話です。

最近は修学旅行生が大勢下りていく姿を見かけることがありますが、
大勢なら暇もつぶれるし、船旅もいいかもしれません。

  ブログランキング ←ぽちっとお願い致します
# by gajousan | 2008-06-01 11:49 | 苫小牧 | Comments(2)

お菓子の彩花

お菓子の彩花_d0153062_1027486.jpg

三光町のお菓子の彩花。
昭和37年創業、40年にこの地に店を構え、現在に至る和菓子屋さん。
この店には「麩まんじゅう」と言う珍しい物があると聞き、買いに来ました。
お菓子の彩花_d0153062_10272913.jpg

ついでなので、何種類か購入。
一番上、彩花大納言と言う店の名前を持つ、
サブレ生地とつぶ餡のお菓子。店でも人気商品らしい。

麩まんじゅうは笹の葉に包まれたもの。
作ってすぐ凍結保存されるため、食べるためには自然解凍する
数時間後になります。
お菓子の彩花_d0153062_10282844.jpg

美苫和風ロール ウグイス餡。
美苫と言う銘酒があったので、それを使った和菓子と思われる。
お菓子の彩花_d0153062_1029753.jpg

麩まんじゅう、解凍完了。
小豆こしあんを生麩で包み、ゆで上げたものらしい。
ちょっと表面がねばっとしているので、包丁で切って写真に撮ることは諦めた。

画像ちょっと下手すぎです・・・008.gif
お菓子の写真は特に撮るのが難しい。

  ブログランキング ←ぽちっとお願い致します
# by gajousan | 2008-05-31 10:57 | 苫小牧 | Comments(2)