山線

d0153062_8531287.jpg

王子アカシア公園の山線。

王子アカシア公園と言えば、街の灯彩と呼ばれるイルミネーションが
印象深いですが、その場所とは道路を挟んで逆側です。
d0153062_8532442.jpg

「山線」 とは 王子製紙軽便鉄道の通称で
明治41年(1908年)に千歳発電所を建設する際、機材や物資を運ぶため
苫小牧工場から支笏湖までを走りました。
d0153062_8542275.jpg

後に原木や一般乗客を運び、多くの人に親しまれました。

苫小牧から支笏湖畔まで、行きは1時間40分。
帰りは下り坂と言う事もあり、20分早い1時間20分。

坂を下る際はものすごいスピードが出たそうで、実際死亡事故も多発したそうですが、
ハガキよりやや小さい乗車券の裏には、
  この鉄道は資材輸送が目的で、万一の場合は
  人命の保障はしない
と言う内容が印刷されていたそうです(王子山線物語 金沢祺一氏)
d0153062_8545182.jpg

貴賓車。
大正11年(1922年) 皇太子時代の昭和天皇が発電所を視察される時に
客車を作り変えたもの。

その後は道路など交通網の発達から輸送の手段がバスやトラックに
移って行った事もあり、昭和26年(1951年)惜しまれつつ廃線となりました。

現存するのは、アカシア公園内の4号機関車だけです。
平成19年(2007年)経済産業省の「近代化産業遺跡」として
この山線4号機も認定されました。

  ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
# by gajousan | 2008-06-18 09:33 | 苫小牧 | Comments(4)

西山火口散策路 その3

西山火口散策路 その3。
d0153062_8554136.jpg

西山火口、第一展望台付近。

当時、水道設備の修復のため持ち込まれた重機が、
向こう側に見えましたが、写真では残念ながら霧に隠れている・・・002.gif
修復しようとしている所に、再びの火山活動で
結局重機は打ち捨てて作業の方は避難したようです。

写真だと、地獄谷周辺の大湯沼のようにも見えます。
旧虻田町の町外れの方とはいえ、町内に突如、地獄谷のようなものが出来てしまうとは
誰も予想だにしない事でした。
d0153062_856243.jpg

第一展望台付近から、洞爺湖方面。
噴気を上げる場所もちらほら。

この写真を撮った5月中旬とは異なり
初夏の現在はもう少し周囲の緑が鮮やかではないかと思います。
d0153062_8562054.jpg

第二展望台方向への散策路。
霧が濃くなってきました。
d0153062_8563783.jpg

散策路周辺の野草。

名前は・・・わかりません。
エゾタンポポではないと思う。
d0153062_857048.jpg

噴気を上げる山肌。
90℃の噴気、やけどにご注意などと、イラストマップには書いてある。
散策路を出ない限りは問題ないですが。

 その4につづく。

  ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
# by gajousan | 2008-06-17 09:28 | 洞爺湖町 | Comments(5)

マルトマ食堂 その7

マルトマ食堂、その7。
d0153062_7493939.jpg

私が約半数の確率で着く、カウンター席。
狭いですが、厨房の様子を見ながら料理が出てくるのを待つのも
また、一興です。
d0153062_7495347.jpg

一品料理がずらり。
市場の関係者など常連の方は、これを食べる人も多い。

私は定番メニューの制覇で忙しいので、通だな~と思いながら見ています。
d0153062_750774.jpg

カウンター左端。
何故か、まぐろづけどんと連呼されている。
沢山の子どもの写真が近くに貼ってありましたが、何か関係があるのかも。

連呼されると食べたくなるづけどん。
生もの系のメニューも沢山ありますが実はわたくし、
寿司などの生ものが得意ではないので余り注文していませんが、
大方のメニューを制覇したら、この辺も挑戦します。
d0153062_7503895.jpg

ホッキチャーハン。

ホッキカレーほど量は多くないと思ったので、完食して味噌汁を一杯飲んだあたりで
胃袋が限界を超え、その日は晩御飯も食べられないほど苦しい思いをしました。

無理だと思ったら潔く残す。
この日から私のルールになりました。

マルトマ食堂で 大盛りと言えば、メガ盛り
           普通で 大盛り
           小で ようやく普通レベルです。

よほどの大食いの方以外は、間違っても大盛りを注文しない方がいいと思います。

  ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
# by gajousan | 2008-06-16 08:11 | 苫小牧 | Comments(6)