2018年 08月 27日 ( 1 )

活性の火’18

活性の火’18_d0153062_22253284.jpg


苫小牧駅前市街を会場とした
無料音楽フェス「活性の火」が
今年も開催されました。

今回で5回目。


台風より変わった温帯低気圧の営業により
小雨の中、フェスが開始されました。


活性の火’18_d0153062_22270108.jpg


一番手はザ50回転ズ

活性の火皆勤賞。


活性の火’18_d0153062_22313064.jpg


昼過ぎあたりから、雨は徐々に止み
その代わり風が強くなり始める。


活性の火’18_d0153062_22345494.jpg


夕方には強風の為、
屋外ステージのスケジュールは全て中止。
テントは撤収。

娯楽場会場の残りのスケジュールは
ライブハウス苫小牧ELLCUBEで行われる事になる。

これだけの人数が集まってしまうと
窮屈この上無いですが、公演中止よりはまし。


元softly、ギターのHARUKAさんは
今回ソロで登場しました。

こちらに関しては、元々のスケジュール通り、
エルキューブのステージで滞り無く演奏出来た為
ラッキーだった方かと思います。


活性の火’18_d0153062_23410286.jpg


(注:この画像のみ、昨年の物です)

本来はメインステージ、土曜のトリだった
Survive Said The Prophet(サバイブ・セッド・ザ・プロフェット)
通称「サバプロ」


非常灯とスタッフの照らすペンライトの光の中
アコースティックでの停電ライブと

電気復活からの
バンドバージョン「Network System」

今までのフラストレーションを会場一体になって爆発させた
最高のステージでした。

これがタダで見られたなんて、信じられない。


活性の火’18_d0153062_00110177.jpg


二日目は心地よい晴天。
滞り無くスケジュール進行中。


活性の火’18_d0153062_00115935.jpg


露店の方も、土曜は災難でした。

今年は過去数年のような同金額による対決では無く、
自由形。

出店数も昨年より大幅に増えました。


活性の火’18_d0153062_00124091.jpg


メインステージ

大トリのNOT WONK
入念にリハーサルを行っています。


活性の火’18_d0153062_00150311.jpg


今年は波乱もありましたが、賑やかに終了。
年々グレードアップしている印象。

無料フェスと言うこだわり故の
困難も多いと聞きますが、来年も期待したいです。



人気ブログランキング  ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報  ← 応援頂ければ幸いです。


 





by gajousan | 2018-08-27 09:13 | 苫小牧 | Comments(0)