<< ユーカラの里 ツキノワ・アトラクション >>

第一滝本館 湯の里

d0153062_913034.jpg


第一滝本館内の「湯の里」

小宴会場の点在するフロアだった本館5階を改装して
湯の里をオープンしたのが2007年の秋頃。
当時は「湯の里誕生」みたいな
窓からの鮮やかな紅葉が印象深いCMも多く流れていました。

本来は宿泊者の施設ですが、
今回は4月25日から始まったプラン、
日帰り「湯の里」パックを早速利用し、大浴場でくつろいだ後の夕食です。

ここでの湯の里膳は和風会席をメインとしつつも
洋食や中華のテイストも盛り込まれています。
ローカル番組では何度か見ていますが、食べるのは初めて。

d0153062_9131842.jpg


先付  蟹玉寿司見立て

その名の通り玉子の黄身に寿司の身を載せて
寿司風にしたもの。

発想が面白い。  

d0153062_913383.jpg


前菜  春爛漫六点盛り
蕗味噌寄せ
海老空豆
たこ醤油煮


d0153062_91404.jpg


造里  四種盛り


甘海老
噴火湾 帆立貝

d0153062_9142046.jpg


先吸物  お吸物

海老真丈 桜花

d0153062_9145020.jpg


焼き物  北海道産牛ひれ肉ステーキ

このように肉もあるのが、湯の里膳の興味深い所。

後出し料理数品については、入口付近のオープンキッチンで作った物が
運ばれてくるのだとか。

d0153062_91534.jpg


酢の物  鰹のたたきサラダ風

d0153062_9151985.jpg


揚物  季節の揚物
煮物  鯛兜つや煮

d0153062_9153756.jpg


食  事  竹の子釜飯
香の物  盛り合わせ
留  椀  味噌汁

d0153062_915598.jpg


甘 味  ごまアイスクリーム

以上 おしながきより

カウンター席での静かなひと時を過ごしました。

ちなみに日帰り「湯の里」パック、お値段は 6,500円。
数時間の滞在ですので、まさに贅沢なひと時です。

日帰りバイキングパックは 4,500円。

階段を上って行ったので、バイキングが行われているフロアも通りましたが、
湯の里とは違い賑やかで、こちらも楽しそうでした。

何とか期間内にこちらの様子も見る事が出来るといいのですが。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-04-30 09:50 | 登別 | Comments(6)
Commented by John.John at 2009-04-30 10:05 x
贅沢なひと時ですね
ゆっくりと時間が流れるようで
日常と違う、こう言う過ごし方好きです
第一滝本館さんのお料理も良いですね
鯛の兜煮がとっても美味しそう
がじょうさんには、多くなかったですか?
Commented by gajousan at 2009-05-01 10:02
Jhon.Jhonさん
部屋食ならもっと高級な物も多数あります。
この手の物は全部一気に出てくるわけでは無いので
小休止する時間もありますし、
見た目ほど量が多いと言う訳でもないので
食べ切れないと言う事は無かったです。
Commented by yoyokaka at 2009-05-01 15:44 x
へ〜凄いリッチな感じですね。
わたしなら、食べ放題をえらぶな〜。
Commented by takimotokan at 2009-05-02 02:23
おばんでございます!(本当にかなり深夜です・・・・;)
この度は、早速 「日帰り+湯の里」パックをご利用くださいまして
ありがとうございました!<(_ _)> 一同を代表いたしまして、心より
御礼申し上げます☆
がじょうくんさんがご来館くださったであろうその日...ブロ担もその
何階か下の事務所にて仕事中だったかと思います(/_; )
ご挨拶が叶わず無念です〜(涙) ブロ担が印刷して貼り貼りした
チケットを持って湯の里入りしてくださったがじょうくん様〜!
この場を借りて、心より御礼申し上げます☆
Commented by gajousan at 2009-05-02 09:47
yoyokakaさん
私もブログを書いていなければ、バイキングにしたかもしれません。
そちらの方も機会があればとは思っています。
Commented by gajousan at 2009-05-02 09:50
takimotokanさん
クマ牧場に行こうと思っていた所に
第一滝本館の日帰りパックの話もあり、早速使ってみました。
贅沢なひと時、ちょっとした旅行気分を味わう事が出来ました。
館内の大金棒が調整中だったのは、少し残念でした。
登別温泉にはしょっちゅう行ってますので
そのうちお会いできる機会もあるかもしれません。
<< ユーカラの里 ツキノワ・アトラクション >>