<< 麺’s ZERO マルトマ食堂 その20 >>

冬の大湯沼

d0153062_954825.jpg


先日は登別温泉地獄谷でしたが、足を延ばし
次は大湯沼。

道すがら、道路が雪に埋もれている様子を見たので、
冬季は車両通行止めらしい。

そんな訳で大湯沼までは歩き。
道中、何人かの人に会いましたが、大抵外人でした。
日本人は意気地が無い・・・。

d0153062_962095.jpg


シーズン中でも、地獄谷と違い人もまばらですが、冬はなおさら。
日和山の噴煙を上げる音が響きます。

d0153062_9765.jpg


わざわざここまで来たのは、時々見られると言う温泉につかるカモ。
ひょっとしたら見られると思ったのですが、やはり、いないようです。

ここで時々見られると言うカモは、ウトナイ湖や金太郎の池の
マガモ、オナガガモと言った比較的人慣れしているものでは無く、
コガモと言う、その名の通りやや小柄なカモらしい。

他の場所では何度か見た事がありますが、臆病なため
すぐに飛び去ってしまい、一度も写真に出来た事は無いのでした。

d0153062_973577.jpg


奥の湯。
こちらは高温なので間違えて湯に入れば、
あっと言う間に茹で上がってしまう事でしょう。

d0153062_985311.jpg


ここまで来たので、ついでに大湯沼川まで足を延ばす。

d0153062_993965.jpg


大正地獄。
今日は緑色。この色は初めて見ました。

湯の増減や、湯の色が灰、緑、青、黄など七色に変わります。
立て看板にその理由が書かれていました。
湯に溶け込んだ粒子と太陽光の反射、吸収の関係らしい。

d0153062_9101147.jpg

d0153062_9103653.jpg


こう言う風景を眺めながらの天然足湯はいかがでしょう。
この時はチャレンジャーな韓国人らしき方が、
一人靴を脱ぎ始めた所でした。
彼女らしき人が写真を撮っています。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-02-19 09:14 | 登別 | Comments(6)
Commented by John.John at 2009-02-19 09:58 x
日本人は、居ないのですか
歩く距離が長いのかしら?
何処に行っても外国の方は、
身軽に旅行してますよね
時間の使い方も上手な気がしますし

天然足湯に入ったら、寒くて足を出せなくなりそう
その韓国の方は、どうなったでしょうね
Commented by まかない@ at 2009-02-19 21:46 x
この時期に大湯沼!
すごいです、私もまだ経験してません(笑)
コガモ、居なくて残念でしたネ。。。
季節によるのでしょうか、いつかパチ /■\_・) カメラ できると良いです♪

がじょうさんは天然足湯、しなかったのですか?
冬はなおさら気持ちイイ感じがします ( *^_^*)ヌクヌク
硫黄泉はあったまりますモン♪
ただ、ふき取り用のタオルはこの時期必需品な気が・・・(笑)
Commented by gajousan at 2009-02-20 09:43
Jhon.Jhonさん
観光客の多い地獄谷と違い、
知名度はそこそこありつつ、
夏場でも人の少ない場所なので
冬場にここまで歩きで訪れる日本人は少ないと思われます。
なかなか見られない風景なので
一見の価値はあると思います。
Commented by gajousan at 2009-02-20 09:48
まかない@さん
冬場の大湯沼は私も初めてでした。
雪の山道でしたが、案外雪も踏み固められていて
それほど苦も無かったです。
雪の降った直後なら、かなりきついと思いますが。

足湯は未経験です。
写真と撮って引き揚げるのがいつものパターン。
あらかじめタオルなどの用意は必要ですね。
Commented by takimotokan at 2009-02-20 10:55
おはようございます!現地に住む私も・・・実は冬の大湯沼&
足湯には行ったことがないです(^_^;)テヘヘ。
意気込みを強く持って行動に移さないと難しいかも(^^ゞ
さぁ・・・・実現なるかどうか!? 
(なんとなく、誰もがこれは実現しないだろうな~と予感
されている気がします・・・w)

初冬だったのかな?カモは私も見たことがありますよ^^
確かに小さ目のカモだったような。なんで熱いはずなのに!?
と思った記憶があります。あとから理由を知ってなるほど!と
思った記憶も^^ ポチ!
Commented by gajousan at 2009-02-21 09:53
takimotokanさん
登別温泉に行くと、
地獄谷から一気に足湯の所まで歩くのが通例となりつつありますが、
現地で暮らしていると、大湯沼まで行く事は
よほどの理由が見いだせないと、案外無いかもしれません。

後は足湯方面から一気に元来た道を引き返す。
体が温まっているのでソフトクリームもいい気がしますが、
冬は寒くなるのも早いので止めておきます。

大湯沼のカモは見たことが無いです。
コガモ。普段はどこで暮らしているのでしょう・・・。
<< 麺’s ZERO マルトマ食堂 その20 >>