<< マルトマ食堂 その14 石焼とうきび >>

洞爺湖、中島の鹿

洞爺湖、中島の鹿_d0153062_944250.jpg

しばらくお蔵入りさせる予定でしたが、先日の西山火口同様に
洞爺湖の中島も冬季は行けない場所になるので、
やはり今のうちにアップする事にしました。

中島の森林内の散策路を歩いていると、鹿に遭遇する事もよくあります。
一般的な鹿よりは人に慣れていますが、それでも近寄って来る事はありません。

この写真は十数メートル離れた所から撮ったもの。
りっぱな角を持っている鹿には特に近寄れません。
突進されたら大変ですから。
洞爺湖、中島の鹿_d0153062_9443366.jpg

中島の鹿は元々は観光用に連れてきた3匹ほどの鹿が脱走し
大繁殖したものだそうです。

島全域に広がって行った鹿は、エサとなる植物を食べつくし、
慢性的な栄養不足の為か、体の大きさは他の場所にいる鹿に比べると小柄です。
洞爺湖、中島の鹿_d0153062_945357.jpg

中島の売店付近には金網を張った柵があり、柵越しに売店で売っている
クッキーを餌として与える事も出来ます。

この日はその場所周辺に係の人が草を撒く姿を見ましたが、
鹿のエサ不足を補う為か、あるいは餌付けの為、
この場所に寄りつくようにしているのかよく解りません。

自然保護、動物愛護など様々な意見もあろうかと思いますが、
今回の画像をそう言った趣旨では無いのであえてコメントは控えますが、
こうして集まって人から餌をもらう姿はかわいいと思う反面、
少し痛々しくもあります。
洞爺湖、中島の鹿_d0153062_9452432.jpg

柵越しならば、お互いに安心して近寄れます。

馬のように優しい目です・・・。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2008-11-01 10:06 | 洞爺湖町 | Comments(8)
Commented by Jhon.Jhon at 2008-11-01 10:33 x
始まりは、3頭の脱走鹿ですか?
面白いですね。ちゃんと雌雄いたのですね

美しいですね
サラブレッドが美しいとはよく思うけど
ここの鹿は美しい
野生だから?あっ!がじょうさんの写真の腕?
最後のなんて、すごい美人だわ
羨ましい!
Commented by kasuta at 2008-11-01 17:12 x
鹿の目に釘付け、凄みがあります。
野生の動物もえさ不足で人間に近づくしかないのですね。

でも鹿に出会ったらやっぱり怖いです。

Commented by ふぅちゃん at 2008-11-01 22:35 x
トップから突然の鹿さんに驚きました(笑)
かわいい目ですねぇ♪♪
できれば本当の自然の中でのびのびとさせてあげたい気もしますが
人間との共存は…いろいろ難しい事がありますね。
(昨日コメ入れたんですが
 何度やっても入れられなかったので諦めました(^^;)
今日も応援!★
Commented by ブルースカイ at 2008-11-02 01:58 x
やはり、野生動物と人間は、ある程度線引きをしないといけないなぁ~と、画像を見て思いました。
人間が自然界に入りすぎてしまった事もあるんですよね。

この角ってやはり町の職員の方が切ったりしているのでしょうか??

りっぱな角だけに、近距離での撮影は怖いですよね(>_<)

応援していきます♪
Commented by gajousan at 2008-11-02 20:36
Jhon.Jhonさん
オス2、メス1、だったかその逆かは忘れましたが、
オスとメスがいたのは間違いありません。

こうして柵越しには気軽にエサをもらう反面
やはり人間に対しては警戒心も持っています。
やはり野生の鹿なんです。
Commented by gajousan at 2008-11-02 20:39
kasutaさん
最初の写真の鹿の視線の先には私がいました。
「あやしいやつだ」と鹿が用心しながらこちらをうかがっている様子です。
万一突進でもされたら大変ですので、
こっちも内心はちょっと怖かったです。
Commented by gajousan at 2008-11-02 20:48
ふぅちゃん
システム障害だったのでしょうか。申し訳ありません。

鹿にとってはかつては楽園だった中島も、今はどうなんでしょう。
自然と動物。ここではいろいろ考えさせられます。
Commented by gajousan at 2008-11-02 20:54
ブルースカイさん
鹿とのふれあいを趣旨にはしていないので、角の処理はしていないと
思いますが、ある程度経つと自然に抜けて生え替って行くようです。
鹿の角を店で買うと高いそうですが、彫刻家の叔父は鹿の角がどうしても欲しくて
中島の森林をくまなく歩き、鹿の角(頭蓋骨つき)を見つけ出し
しばらく身内の語り草になりました。
<< マルトマ食堂 その14 石焼とうきび >>