<< 苫小牧消防署前で 昨日の青い空 >>

洞爺湖中島巡り その2

中島巡りその2。
洞爺湖中島巡り その2_d0153062_1063795.jpg

大島に到着。
遊覧船は乗客を降ろすと、すぐに出発してしまいます。
遊覧船は約30分毎に運行されていて、帰りは別の船に乗る事になります。

降り場付近から、神社の様子。
本当に緑がいっぱいです。
洞爺湖中島巡り その2_d0153062_106571.jpg

若いアイヌの男女の伝説がある、神木を通り過ぎ
森林博物館の前。

入場料は200円。
受付の人は近くで農作業?をしていて受付は誰も居ません。
仕方が無いのでそのまま入りました。

子供の頃見て楽しみにしていた、中島誕生の紹介をする展示設備は故障中で残念。
随分と時が経ったので、あちこち老朽化した感が否めませんでした。
洞爺湖中島巡り その2_d0153062_1071433.jpg

周囲を軽く歩いた後、中島の森林散策に行く事にした。
このようにゲートがあり、南京錠がかかっている。
近くの売店で名簿に記載して、番号を教えてもらい鍵を開ける。

感のいい人なら、教わらなくても番号の察しはつくかもね。
洞爺湖中島巡り その2_d0153062_107258.jpg

中島名物、鹿がいた。
一応野生の鹿ですが鹿の中には柵越しなら、人からエサをもらったりする者もいるので
少しは人にも慣れていますが、近寄ってくる事はありません。
角がしっかりある鹿なら、突進されるとこわいです。

中島の鹿は元々飼っていた3匹の鹿が逃げて、大繁殖したもの。
当時はエサも豊富で外敵もいないと言う、最高の環境だったためです。

しかし、今は増えすぎて鹿も人間も困っている。
中島の鹿は慢性的なエサ不足のため、他の場所にいる野生の鹿よりも
一回り体が小さいそうです。
洞爺湖中島巡り その2_d0153062_1075348.jpg

散策路は木片のチップが敷き詰められていて、意外にも整備されている感があります。
ずっと歩き進めば、大島の逆の岸辺まで行けますが、
何時間かかるか分からないので止めておきました。

その後、近場の岸辺に到着し別のゲートから外に出て
中島を後にしました。

  ブログランキング ←ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2008-05-28 10:36 | 洞爺湖町 | Comments(4)
Commented by マルコポーロ at 2008-05-28 18:49 x
こんばんは。

あっー
今、思い出しました、新婚旅行が洞爺でした!予算が無くて…
中島、降りましたね。
どうにか続いてますがな!
ぽち。
Commented by gajousan at 2008-05-29 07:49
マルコポーロさん
事前に調べてあれば、色々見所の多い洞爺湖温泉。
新婚旅行で行くのもいいかもしれません。
私の場合、中島巡りと言えば大抵学校行事でした。
Commented by takimotokan at 2008-05-29 21:18
忙しさにかまけて訪問ができずにいたら・・・
なんと癒しの画像たちがたくさん!新緑の中の鹿の画像、
すごくいいですね!近くてすごいです~☆
ポスターとかCMのワンシーンのようなベストショットですね!

今年こそは私も中島に出向きたいです^^
小学校の研修旅行?遠足?か何かで行ったっきりです。。
Commented by gajousan at 2008-05-30 17:13
たきもとブロ担さん
とりあえず、仕事の方は一段落ついた?ようでお疲れ様です。

柵越しに売店で売っているクッキーを人からもらって
食べている鹿もいましたが、何と無く面白みが無かったので
森まで探しに行きました。
2台目デジカメは光学18倍ズームがあるので有効に使いました。
鹿との距離は10メートル位はあったと思います。
<< 苫小牧消防署前で 昨日の青い空 >>