<< そば処 東家 新中野 その2 元祖ししゃも寿司 大豊寿司 >>

カネダイ大野商店 その3

カネダイ大野商店 その3_d0153062_9101083.jpg


カネダイ大野商店

大正12年(1923年) 創業。
今年で87年目を迎えた、ししゃも加工業の元祖。

ししゃも漁が解禁になる10月から2カ月程の間、
10尾ずつ、ヨシの茎で刺して天日干しをする
すだれ干し が、お目見えします。

雨の日はどうしているのか尋ねてみた所
軒先で雨はかからない為、やはりこうしているとの事。
この時期、視覚的にこれが無いと始まらない感はあります。

カネダイ大野商店 その3_d0153062_9104020.jpg


撮影日(10月6日時点)

Mサイズの700円から
特 スーパースペシャル 2,200円まで
魚体や、オスかメスかによって値段も様々。

味の好みは人それぞれですが、
一般的にもっとも美味しくなるのは、10月下旬。

今時期のシシャモは、栄養補給の最中の為
脂が乗り切っていなかったり、卵も少なめですが、
その分値段も安い時期です。

カネダイ大野商店 その3_d0153062_911416.jpg


ししゃもは北海道太平洋沿岸にしか生息していない日本固有種。
回遊魚で大部分は2年で成魚となり
生まれた川に遡上します。

一般的にスーパーなどでししゃもとして売っている物の大半は
カペリン等の代用魚です。


余談ですが、この先にある
「日本一わがままな店」 と言う、掲げている看板が有名な
有限会社 丸ス スズキ も、ししゃもを扱っています。
先日ノーベル賞受賞が発表された
鈴木章教授の弟さんのお店です。

カネダイ大野商店 その3_d0153062_9114154.jpg


入口前の、顔はめも健在。

カネダイ大野商店 その3_d0153062_9115811.jpg


入口に券売機があり
各種ししゃも料理などを食べる事が出来ます。

カネダイ大野商店 その3_d0153062_913999.jpg


買ったししゃもをこの場で焼いて食べる事も出来ます。
平日の11時位だった為、客は少なめですが、
日、祝日だと、満席で入りきれない事もあると言います。

カネダイ大野商店 その3_d0153062_914463.jpg


上手な焼き方 レクチャー。


カネダイ大野商店 その3_d0153062_9144452.jpg


慣れていない客だと焼け具合を店の方も見てくれる為
手を出さずに待ちます。

醤油、山椒、唐辛子と言った調味料も置いてありますが、
塩味が付いてるので、何も付けずに
頭から尻尾の先まで食べられます。

脂がのっていて、コクもあり
小さくても魚の味がします。
やはりカペリンとは一味違う、旬の味です。


カネダイ大野商店
北海道勇払郡むかわ町美幸2丁目42
営業時間 9:00~18:00
(1~4月 17:00まで 日曜定休)

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-08 09:21 | むかわ | Comments(2)
Commented by FTIR at 2010-10-09 05:59 x
一度だけなんですが、鵡川産のししゃもを食べた事があります。
ビックリしたのを覚えています。
美味しそうな写真、ありがとうございました。
Commented by gajousan at 2010-10-09 09:42
FTIRさん
数年前まで、普通にスーパーなどで売っているししゃもと
違うものだと言う事を知りませんでした。
食べれば違いが解りますね。
<< そば処 東家 新中野 その2 元祖ししゃも寿司 大豊寿司 >>