タグ:西山火口散策路 ( 16 ) タグの人気記事

西山火口散策路 6月

d0153062_9105886.jpg


洞爺湖から少し移動して、西山山麓火口散策路。


旧・国道230号線が寸断され
沼になっている風景に当初大きな衝撃を受けたものですが、
年に1~2回は来ている為、さすがに見慣れた。

今はのどかな西新山沼(西山火口沼)

d0153062_9171532.jpg


散策路入口。


散策を終えて戻って来たカップルが
入口の木陰で涼んでいる。

「涼しいね。楽しいね。」

   ・
   ・
   ・

 ごっつあん。

d0153062_9204994.jpg


訪れる観光客も一時期と比べれば
随分減ったようで、営業している露店も少なくなった。


石焼たまごがヒットした事に気を良くしたのか
じゃがいも、とうきび、かぼちゃ、
ついにはダチョウのたまごまで石焼していた露店。

今はオーソドックス?に「石焼たまご」のみ。

d0153062_9234680.jpg


周辺から採って来たと見られる山菜を
大声で分け合っている韓国人(中国?)の方の横をすぎ
断層の出来た道を進む。
(国立公園内ですので、石、植物の採取は厳密には不可・・・)


被災前は畑などのある山道で
周辺の体育会系の学生が「ロードに行く」と言えば
この道を走る事だった。

d0153062_9282994.jpg


有珠山噴火から13年

自然風化が進んで
一時期よりまろやかな風景になった気がする。

画面左はしに写っている折れた電信柱も
あまり違和感を感じない。

d0153062_932503.jpg


噴煙は見えない。


d0153062_9343321.jpg


元来た道を引き返す。


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報  ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2013-06-12 09:40 | 洞爺湖町 | Comments(0)

♪洞爺の湖畔~ 7月

d0153062_8374811.jpg


♪洞爺の湖畔~

一時間少々時間が空いた為、洞爺湖温泉にやって来た。

d0153062_838488.jpg


撮影日は7月中旬。
客は例年より明らかに少ない。


今後の予定を考えてみる。

遊覧船に乗る→中島散策

昭和新山→有珠山ロープウエイ→クマ牧場

どれも2時間位はかかりそうなので、
今回は断念。

d0153062_8382285.jpg


今回も一番時間のかからない
西山火口にやってきた。

d0153062_8383882.jpg


観光客は、やはり少なめ。
露店(売店)もほとんど営業していません。

d0153062_8385547.jpg


鮮やかな緑が目に心地良い半面、
育ってきた雑草で火口が見えにくい。

d0153062_8391293.jpg
d0153062_8392723.jpg


今は夏休みに入りましたので、
幾分賑やかになってきていると思います。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2011-07-28 08:54 | 洞爺湖町 | Comments(0)

♪洞爺の湖畔~ 4月

d0153062_9125597.jpg


ブログを始めた当初は、
地域を巡り、周辺の写真を撮り
ついでに食事処も調べると言う感じでしたが、
最近は逆になっている気がする。。。これでいいのか?

まあ、これでいいのだ。


不凍湖の洞爺湖。
遊覧船は年中動いていますが、冬期間は中島への上陸は無し。
例年今時期は夏季コース(30分間隔、中島下船可)
だったような気がしましたが、
まだ冬季運行コース(1時間間隔、洞爺湖遊覧のみ) のまま。
やはり客が少ない為でしょうか。

震災の風評被害もあり観光客、特に外国人観光客はこの地域でも激減。
洞爺パークホテル天翔は5月から一年を目処に休館すると言う。

d0153062_9132020.jpg


金毘羅火口災害遺構

2000年の噴火で被災した、
町営公衆浴場や団地。

現在は散策路も整備されています。

d0153062_9134436.jpg


西山火口散策路

冬期間は閉鎖。今時期は開放されていますが、
来客の姿は無い。
外国人観光客の多い場所でしたので・・・。

周辺の露店も冬囲いのまま。

ゴールデンウイークになれば、
さすがに賑やかになってくるとは思うのですが。

d0153062_91481.jpg


雨が降ってきたため引き返す。

d0153062_9142969.jpg


今、普通に暮らせている事が
実はとても幸福な事なのだと、改めて思います。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2011-04-27 09:16 | 洞爺湖町 | Comments(2)

夏の西山火口散策路

d0153062_9521559.jpg


 ♪洞爺の湖畔~
と言う歌は聞こえてきませんが、洞爺湖です。

火山活動は時に温泉や美しい景観を生み、
この地に住む人に大きな恩恵を与えます。


今年は洞爺湖温泉誕生100周年の節目の年。
それと前後し周辺地域が日本初の世界ジオパーク認定を受けたり
江原啓之氏にパワースポットとして紹介をされたり、

また、あるアニメのキャラが洞爺湖と刻印された木刀を所持している(らしい)
ことから、マンガ・アニメフェスタも開催されるなど
各方面からのPR活動が進行中。

d0153062_9525942.jpg


西山火口散策路入口の沼。

今年は前回2000年の噴火から10年目の節目でもあります。
火山活動が時に大きな爪あとを残すと言うのも、また一面。

被災の跡をきれいさっぱり元通りにして終わりで良いのか?
と言う考え方が、後のジオパーク認定にもつながっていきました。


通常この時期は殆ど水が干上がった状態なのですが、
ウトナイ湖や金太郎の池同様、西山火口沼も増水気味。

d0153062_9534259.jpg


看板商品、石焼たまご以外にも、いしやきじゃがや
秋の味覚 いしやきとうきびも

以前はかぼちゃやダチョウのたまごを焼くなど
何でもありな感がありましたが、
一周して元に戻ったようです。

d0153062_954954.jpg


隆起により出来た地溝(クラーベン)
世界的にも珍しい観察スポットなのだとか。

d0153062_9543914.jpg
d0153062_9545748.jpg


そろそろ夕暮れ時。

セミの鳴き声も聞こえますが、
コオロギやキリギリスなど秋の虫の鳴き声も。

まだ暑いですが、季節は秋へと移りつつあるようです。

d0153062_9553434.jpg


雑草が生い茂るので、見るのがやや困難になる場所もあるのですが、
全体的な景観は、鮮やか。

d0153062_9554989.jpg


倒壊した菓子工場。


10年を経て、風化が進んでいる遺構もあり
このまま自然に任せるか、
手を加えてでも噴火当時の状態を維持するのか?
思案が分かれる部分でもあります。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-08-31 10:08 | 洞爺湖町 | Comments(0)

春の西山火口散策路

d0153062_9172978.jpg


2000年の有珠山噴火から10年目。
洞爺湖温泉誕生100周年でもある節目の年。


西山火口散策路入口。西山火口沼。

2000年の噴火で、国道230号線周辺の地形が隆起、陥没して
沢がせき止められ、雨水、雪解け水などがたまって出来た沼。

この為周辺の道路は噴火前と同じ順路で走る事は出来ず、
バスなども以前とは違う順路で洞爺湖温泉まで向かいます。

以前は被災して屋根が潰れた車が岸辺にありましたが、
現在はほぼ沼底に沈んでいます。

d0153062_9174577.jpg


道すがら、露店が点在しています。
多種類のソフトクリームや、洞爺湖の刻印の入った木刀など
売っているものは、大方同じ。

ある店が売れている商品は、他店も程なく真似をするからのようです。

ただこれらのプレハブ等露店は、大半無許可のようで
以前は有珠復旧事務所長の名において、
排除勧告の看板が入口に立っていました。

今回は探してみましたが、そう言った看板は見当たりません。
行政側との和解が成立したのか、
注意する側が諦めた結果なのかは、分かりません。

d0153062_918513.jpg


旧道路の断層。

横に線路の枕木が敷かれ、散策路として整備されています。

d0153062_9182632.jpg


西山火口第一展望台。

d0153062_918454.jpg


当時水道工事中だった場所でしたが、
火山活動で危険の為、重機を打ち捨てて避難

よく見ると露出した水道管や、打ち捨てられた重機も見られます。

d0153062_9191771.jpg


倒壊したわかさいも工場や民家。

d0153062_9193479.jpg


噴煙を上げる場所もまだ、あります。

この辺りは以前、畑が点在する田舎道で
周辺の体育会系の中高生も、よく走っていた場所。

元の地形を知る人にとっては、特に驚きの光景です。


夏場の方が、植物の青で景色が映えますが
雑草が育ちすぎて、見えにくい場所も出てくるので
晴天であれば、今時期がもっとも散策には適しているように思います。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-05-11 09:49 | 洞爺湖町 | Comments(0)

西山火口散策路入口

d0153062_9245820.jpg


この辺の風景は昨年春夏秋とアップしましたが、
やはり今年も行ってしまいます。無料ですし。

普通この手の場所は、
駐車料の名目で400円前後は徴収されるのが普通なので良心的です。

d0153062_9251945.jpg


こんな感じで、協力金の募金箱もありますが、
お金入れている人見た事無い。
そもそも募金箱の存在を知っている人もすくないかも。

100円でも50円でも10円でも
一応何か入れて先に進むと格好良いかも。

上にある金毘羅火口の方は、車はもちろん、徒歩で行っても
駐車料の名目で1000円の徴収があるようですので
まだ行った事が無いです。
稀に見るほど空がきれいな時は行ってみたいとは思っています。

d0153062_9304512.jpg


石焼たまごに石焼いも、石焼じゃが、などなど
何でも石で焼く露店。

ローカル番組などでこの辺の中継があると、
テレビでも紹介される事が多いようですが、
この日も何か見慣れないものを焼いていた。

d0153062_9311023.jpg


これは??

聞いてみると、ダチョウの玉子との事でした。

d0153062_926188.jpg


ある露店の看板ネコ。

もとノラネコだったので、表情はややけわしいですが、
おとなしい猫です。

d0153062_9275064.jpg


余談ですが、ここに来る前に
洞爺湖温泉観光協会で面白い物をもらって来ました。

洞爺湖不思議絵巻
周辺住民から集めた洞爺湖周辺の伝説や
噂、未確認生物など数々の不思議話満載。

トッシー、洞爺湖の神は女神、ヘビ島などなど
地元民でもこれ全てを知っている人はいないかも。

洞爺湖温泉観光協会のホームページ
からダウンロードできるので興味のある方はご覧ください。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-07-17 09:58 | 洞爺湖町 | Comments(8)

西山火口沼と洞爺湖

d0153062_9572013.jpg


先日、4月20日より開放された、西山火口散策路。
(冬季間は封鎖)

入口の西山火口沼です。

d0153062_9574555.jpg


2000年の有珠山噴火の影響により、
地盤が隆起し、沢がせき止められ雨水、雪解け水がたまり出来た沼。
元国道のど真ん中なので、昔の地理を知っている人にとっては驚きの場所。

夏ごろになると、ほとんど水が干上がってしまいますが、
この時期は遠目で見ると、キンクロハジロやコガモらしき水鳥たちの姿も見えます。

d0153062_9595457.jpg


撮影日は4月19日だった為、残念ながら先には進めません。

周辺の露店では、店のペンキ塗りなど開店準備をする人たちの姿がありました。

d0153062_9591699.jpg


洞爺湖温泉街へ移動。
この辺は道が狭い為、路駐も出来ず、この写真を撮る為随分歩きました。

d0153062_95933100.jpg


 ♪洞爺の湖畔~
と言う歌は聞こえてきませんでしたが、洞爺湖です。

洞爺湖の遊覧船は年中運行されていて、
明確な湖水開きのような行事はありませんが、
4月の下旬からは、冬季間は1時間事の遊覧船の運航が30分間隔になり、
中島までの運航になります。
(冬季間は湖面の遊覧のみ)

d0153062_9595134.jpg


わかさいも本舗前。
いつの間にかイメージキャラクターになっている、ボクシングの内藤選手。
正確には隣町、豊浦町の人ですが、郷土の英雄と言う扱いです。

冬季間はほぼ開店休業状態だったので、
中に入ると妙に目立ちましたが、この日はとても混んでいた。

これからが観光シーズンです。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-04-21 10:19 | 洞爺湖町 | Comments(8)

石焼とうきび

d0153062_83875.jpg

西山火口散策路。秋バージョン。

入場料無料と言う事もあり、春先から何度も訪れましたが、
11月中旬から、4月下旬まで閉鎖になるので、今期はこれで最後かもしれません。

寒い時期の上に、夕暮れ時と言う事もあり、客の姿はありません。
d0153062_8383970.jpg

緑が鮮やかだった初夏の頃とは、趣も異なり少し寂しい感じもします。
すすきのような雑草が随分、背が高く育ってしまっている事もあり
見えていた場所が見えにくくなっていたり、見えなかったりする場所もあります。

個人としては、春先から初夏に訪れるのが一番だと思います。
d0153062_839813.jpg

散策路入口の露店もこの時期は営業していない所が目立ちますが、
石焼いもから始まり、石焼じゃが、石焼たまごと言った
目新しい石焼で、何度かローカル情報番組でも取り上げられたこの露店は
まだ頑張っています。
d0153062_840054.jpg

さらに石焼とうきび。

250円だったと思いますが、見物していると50円負けると言ってくれましたが、
少し迷いつつ、夕食前だったので止めました。
d0153062_8402449.jpg

さらに石焼かぼちゃ。
もはや何でもあり。そのうち石焼りんごなんかも出てくるかも。

さつまいもを石焼きするのは、甘みが増すと言った効果があり、意味のある事ですが、
じゃがいもやとうきび、かぼちゃの石焼きに美味さを引き出す効果があるかは不明です。
とうきびに関しては、醤油を塗って火で焼いた方が、やはり美味い気がします。

でもついつい気になる露店です。
以前画像を出した山タケ?を売っている店のネコも元気でした。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2008-10-31 09:02 | 洞爺湖町 | Comments(6)

夏の西山火口 その2

d0153062_8554321.jpg

この辺の風景は何度かアップしていましたが、
曇りや霧まじりの事も多かったので、晴天時の西山火口。
秋にならぬうちに蔵出しです。

入口、西山火口沼。

春先は枯草でうっすら茶色い風景でしたが、この時期は周囲も青々と。
沼の水は殆ど干上がった状態です。
春先はちょっとした水鳥の姿も見かけました。
d0153062_8564427.jpg

第一展望台から。
前回は霧混じりでしたが、今回は晴天の為噴煙の様子も解ります。
d0153062_8574487.jpg

第2展望台方面の通路から。
d0153062_8582798.jpg

第2展望台から。
予想はしていましたが、晴天ならば旧虻田町方面の海岸も見えます。
何とも見晴らしがいい。
d0153062_93373.jpg

洞爺湖。
やはり、訪れた時はもやがかかっている事も多いですが、
この日は見通しが良かった。
遊覧船に乗っている余裕が無かったのが残念ですが。

秋の紅葉の時期には、周辺の風景も変わっていくと思いますので
機会がありましたら、また洞爺湖周辺を散策してこようと思います。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願いいたします
by gajousan | 2008-08-30 09:16 | 洞爺湖町 | Comments(11)

夏の西山火口散策路

いつの間にか、すっかりシリーズ化されている西山火口編。
先日も訪れました。

前回とはうって変わっての晴天と、前よりいいカメラを使った事もあり
前回紹介分よりは、いい写真が撮れましたが、そちらは追々アップするとして、
今回は西山火口沼から、散策路入り口の露店の画像。
d0153062_9375895.jpg

まずは、椎茸、いや山茸のようなものを売っていた店の看板ネコ。

もとノラ猫だったようで、その頃の習性が抜けず、
今でも山でネズミを捕って来るそうです。

このネコの写真はいろいろ撮りましたが、どの写真も顔が
「ほっといてくれ」と言っているように見えます。

手は私ではありません。
d0153062_9382261.jpg

入り口近くのアイスなどを売っている店。
このようにやたらに味の種類が多いアイス屋が何軒もあります。

あとみやげ物と言えば、「洞爺湖」と彫刻された木刀が人気らしい。
何かのアニメの登場人物が、使っていた事で買い求める人も多いらしいです。

サミットの時期は福田総理や
各国の首脳の名前の入った木刀も人気だったようです。
d0153062_9384013.jpg

暑い時期になりましたが、元祖石焼たまごは健在でした。
隣りでは石焼じゃがと言うのも売っています。
d0153062_9385961.jpg

元祖を名乗る店がここにも。

誰が元祖かは同業者の間では、重要です。
d0153062_9391650.jpg

しかし、この看板の意味する所は・・・。
ひょっとして、皆さん違法に場所を占有して、商売していると言う事ですかねー?

  ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2008-07-26 09:58 | 洞爺湖町 | Comments(8)