ウトナイ湖のヒシクイ

エキサイトブログのサーバーメンテナンスが思いの他、長引いて
今までブログの更新が出来なかった~
と書いているのも時間が惜しいので本題に入りましょう。
d0153062_178255.jpg

ウトナイ湖鳥獣保護センター付近の白鳥などが集まる所に
今まで見かけなかった水鳥が。
ヒシクイです。

ヒシクイ。
漢字では 菱喰 と書くそうで、その名の通り、
ヒシと言う水生植物の実を、好んで食べる事から名づけられたそうです。
ウトナイ湖にはヒシが多く群生しています。

ヒシの実は成熟して乾燥すると、数ヶ所にトゲがあり、とても硬くなります。
時代劇で忍者が使う「まきびし」は、このヒシの実です。
鉄製の物もありますけど。

ヒシクイが食べているのは、成長途上の柔らかい実のようです。
人間の食用にも出来るそうで、昔はよく食べられていたとか
茹でて殻を剥いたヒシは、栗のようでうまいとの事でした。

d0153062_17411.jpg

後ろを行くは、おなじみのオナガガモ。ヒシクイの大きさが分かって頂けましたか?
d0153062_12244340.jpg

最初は口ばしや体色からはぐれマガンかと思ったのですが、
この立派なカメラを持つ方に尋ねてみたところ、あれはヒシクイとの事でした。
尋ねていなければ「マガンです」と書いていたところでした。

それにしても立派なカメラ。
メーカーや新品、中古にもよりますが、60万以上は軽くしそうな望遠レンズです。
羽毛の感触まで伝わってくるような、臨場感のある写真が撮れると思います。
うらやましい。
d0153062_12245422.jpg

ヒシクイは、カモ目カモ科マガン属と言うマガンとも非常に近い分類に入ります。
道理で似ている訳だ!

マガン同様、大変用心深いので、本来は白鳥やカモと一緒に
人間からえさをもらうタイプではないですが、
ウトナイ湖で通常見かける2羽のヒシクイは怪我をして飛べないのだそうで、
一度は保護されていたようです。

妙に人に慣れているのもうなずけます。

d0153062_1712795.jpg

おまけ画像

苫小牧駅近くの石像(?)
カモ系の水鳥を見るとついつい思い出す003.gif
説明は不要と思いますが、
アヒル?にスカートを引っ張られている女の子。
「イヤーン」な感じが笑えます。

  ブログランキング ←ぽちっとお願いします
# by gajousan | 2008-04-23 12:55 | 苫小牧 | Comments(2)

白老ポロトコタン

d0153062_9514939.jpg

苫小牧近郊編。今回は白老。

白老駅。
仕事がらみの事で数ヶ月通った事もあるので、少しなじみがある駅です。
最終の特急などでへとへとになりながら、帰宅したのが印象深い。

すぐに思い浮かぶ観光地といえば、ポロトコタンと仙台藩白老元陣屋資料館ですが、
すでにどちらも行ったことがありました。
ですが、ポロト湖の近くですし、駅からも近いのでポロトコタンへ・・・
d0153062_952260.jpg

入場口から少しの所にある、コタンコルクルの像。
こうして見ると大きい(下に小さく写っているのが人間)
全長は奈良の大仏と同じ16メートル。

はるか昔、白老アイヌの礎を築いた人物だそうです。

白老、アイヌ語で
シラウ・オ・イ
あぶ・多い・所と言う意味があるそうです。

あぶとはハチのようなアブでしょうね。刺されないように注意しましたが、
春先なので一匹もいませんでした。
d0153062_9521758.jpg

アイヌの住居、チセ
文化遺産保護のため、かつて白老市街地にあったアイヌの住居を
移設復元した物だそうです。

別棟でアイヌ民族の資料も展示されていますが、ちょっとこじんまりしているかな?
函館にある、北方民族資料館は大変興味深く、2日通いました。
d0153062_9523585.jpg

チセの中では、国の重要無形民族文化財に指定された
アイヌの古式舞踊やアイヌの楽器ムックリの演奏があります。
前回来た時も一番目に付いたのは、天井に吊るされているシャケでした。
d0153062_9525522.jpg

ポロト湖畔

ポロ・ト アイヌ語で
大きい・湖と言う意味があるそうです。という事はポロト湖と言うと
大きい湖湖と湖と言う意味の言葉を二つ重ねて言っている事になります。
シティバンク銀行 も銀行銀行ですが003.gif

アイヌ語の語源とは裏腹にポロト湖は周囲4キロ程の小さな湖です。
一周6キロ程の散策路もあります。
冬はスケートやワカサギ釣りが楽しめ、夏場は対岸の貸ボート乗り場から
このあたりまで漕ぎ出す事も出来ます。

今回はやめておきましたが、ポロト湖畔にはポロト自然休養林と呼ばれる
約400ヘクタールの森があり、散策もいいかもしれません。

周辺を散策している人を複数見かけましたが、派手に鈴のような音色を
鳴らしていました。
クマが出る事もあるのかもしれません。

  ブログランキング ←ぽちっとお願いします
# by gajousan | 2008-04-22 10:30 | 白老 | Comments(4)

キッチンウフロワ

d0153062_958650.jpg

周辺住民ならともかく、遠くから訪ねてきた人には分かりにくい場所にある、
キッチンウフロワ。

変わった名前だなと思いましたが、ホームページによると
フランス語の 「ウフ」=玉子
   「ロワ(イヤル)」=王国
と言う意味があるそうで、ふわふわ卵のオムライスを売りにしているお店です。
d0153062_9582376.jpg

各種、オムライスがメニューにありますが、
メニュー、一番上のオムライス、スープ、サラダつきを注文。
d0153062_9583421.jpg

今にして思えば、スプーンで切って、断面の写真も撮れば良かった。

分類的にはレストラン?と思うのですが、
静かでおしゃれな喫茶店と言う感じです。

先月のじゃらんにこの店が載っていました。
ちなみに以前ホッキカレーで紹介した、リトルアンジェラも載ってました。
女性編集者が気に入ったのもうなずけます。
「じゃらん見ました」の10パーセント割引も使わせてもらいました。

キッチン ウフロワ
苫小牧市末広町1丁目3-16
営業時間  11:00~15:00
        17:00~22:00(LO21:00)
定休日  火曜

  ブログランキング ←ぽちっとお願いします
# by gajousan | 2008-04-21 10:16 | 苫小牧 | Comments(2)