<   2010年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

三星 ポンエペーレと勇武津あられ

d0153062_9451075.jpg


「ポンエペーレを知らんとは、苫小牧人じゃな無いな」


私がポンエペーレなる菓子の存在を知ったのは、
生まれも育ちも苫小牧と言う、上司の思い出話。

おそらくは40年位前の苫小牧。
駅前には渡辺食堂、甘太郎食堂・・・
福々食堂なんかも健在だった時代・・・の話だと思う・・・たぶん。

駅前の少し行った所にある三星のレストラン。
そこでいつも注文していたのが、お子様ランチ。
お子様ランチに付いていた、「ポンエペーレ」を食べるのが、
楽しみだったと言う。


早速、三星のとある支店に行き、箱買い。

d0153062_9453143.jpg


アイヌ語で
  「ポン」  は小さい、
  「エペーレ」  は熊と言う意味。

d0153062_9464829.jpg


その名の通り、小熊の顔の形。

d0153062_947726.jpg


大福豆の餡を、ミルクたっぷりの皮で包み、
チョコレートをコーティング。

よいとまけほどでは無いにしても、40年以上も前からある
ロングセラーのお菓子。

d0153062_9472661.jpg


もう一品

勇武津あられ 北寄

エビ、イカ、と言った味のある「勇武津あられ」シリーズ。

「今、入荷したばかりなんですよ。
ようやく半分陳列したところで」 と
売れてちょっと嬉しそうな店員さん。

こちらは、その日(11月28日) に発売したばかりの新製品。

d0153062_9474578.jpg


このあられは 北寄味。
北寄味とはなんぞや?と言う感ですが、
北寄魚醤を使用していると言う。

最初に思い出したのが、幼少の頃に食べた 「こつぶっこ」
それが大人向けになったような感があります。

こちらはあられなので、やや歯ごたえがあり
薄味ながら、うま味もあります。
これが北寄魚醤の味なのでしょうか。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-30 09:51 | 苫小牧 | Comments(6)

銀寿し 中央亭

d0153062_7404590.jpg


創業46年の歴史に幕。銀寿し閉店へ。


この報道に驚かれた方も多いのではないでしょうか。


美唄生まれのご店主が、札幌の寿司店で修業を始めたのが21歳の頃。
28歳でススキノに自前の店を持ちましたが、軌道に乗らず一年で閉店。

再起をかけ、苫小牧に店を構えたのが1964年。
苫小牧港では国内初の掘り込みが行われ
企業立地が相次ぐなど、街が賑やかになって来た時代。

店は繁盛し 1969年、今の場所に移転。
職人12人を雇い、最盛期を迎えます。

d0153062_741714.jpg


社用族の宴会の場として、お世話になった方も多い事でしょう。

市内屈指の高級処として知られ、
お好みで幾つか握ってもらった後、
支払いの金額を聞いて驚いたり、
冷や汗ものだった人も多かったのだとか。

d0153062_7412826.jpg


閉店の告知の後は、連日繁盛しているとの事。

「この位いつもお客さんが来てくれていてば、
閉店する事もなかった」
と目の前の板前さんが言っていました。

バブル崩壊後は客足も落ち、
売り上げは最盛期の半分。

閉店の理由はご店主が、ガンの宣告を受けた事。
それに加え、回転寿司など手軽な外食の台頭もあり
「誰が継いでも経営は厳しい」 と言う思いに至ったと言う事も
理由として大きいようです。

d0153062_7414770.jpg


ランチコース  2,625円

もずく酢


ちなみに写真を撮る旨、手前の板前さんに話し
了承を頂いています。

d0153062_742775.jpg


帆立もろこし

とうもろこしと帆立の入った
ポタージュの固まったようなもの。

d0153062_7422913.jpg


茶碗蒸し

d0153062_7431473.jpg


寿司

この後、海苔巻きも出ました。

d0153062_7433348.jpg


吸い物


市内で一時代を築いた老舗の閉店。
特別な思いのある方も多いと思います。

46年間、お疲れさまでした。


銀寿し 中央亭
苫小牧市錦町2丁目1-10
営業時間 11:00~23:00
年中無休  (2010年11月末で閉店)

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-29 07:46 | 苫小牧 | Comments(0)

らーめん縄文 その4

d0153062_904268.jpg


らーめん縄文

今回の訪問は、とある日曜の正午前。
連休に訪れて、数十分待ちの行列に並んだ事もありましたが、
この日はほぼ満席ながら、カウンターに一つ空きがあり
すぐ席に案内されました。

店内に響き渡る、ご店主の「いらっせーい」(と、私には聞こえる・・・)
と言う押し殺したような声を聞いていると
「縄文に来たな」 と言う気分が高まります。


基本、濃い味でガツンと来るらーめんが主流ながら
和香潮らーめんのようなあっさり系もあります。  

d0153062_91493.jpg


今回はこれで行きたい。
比較的新しいラーメンながら、発売から半年程が経っています。

カレーラーメンのアジアバージョンとは
従来のようなカレーライスのルーのような、カレーラーメンでは無く
スパイスの効いたスープカレーのようなものでしょうか?

期待が膨らみます。

d0153062_91219.jpg


亜細亜GONZ麺  850円


まずはラーメンどんぶりが変わっていたので
横から撮ってみた。

d0153062_914073.jpg


縄文史上最高の40種類以上の原材料と
総工程10回以上に及ぶ、焼く、煮る、渡す、練る、熟成させるを繰り返し
アジアな味わい
                                 (メニューより)

d0153062_921130.jpg


和香潮のようなあっさりも作れて
こう言うらーめんも作れるとは・・・
スープカレー屋になっても、一定の成功を収める事が出来るかも。

d0153062_922952.jpg


味噌、塩、醤油では無く、従来のカレーラーメンとも違う
正にGONZ(一風変わった)


毎日ここのラーメンを食べるのはさすがに無理ですが、
時々刺激を求めて訪れるらーめん店です。


らーめん縄文
苫小牧市新開町4丁目1-1
営業時間 11:30~22:00
定休日 水曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。

お知らせ  27日、28日の更新はたぶん休みます 
by gajousan | 2010-11-26 09:09 | 苫小牧 | Comments(2)

元気ころっけ その2

d0153062_911727.jpg


元気ころっけ

周辺地域で行われるイベントの露店として定番。
通常は「元気ころっけ号」での移動販売の他、
ぷらっとみなと市場内にも店を出しています。


各種コロッケや、若鳥から揚げ、手羽先もあります。

d0153062_914586.jpg


コロッケと言えば、総菜と言うイメージですが、
出来たてサクサクのころっけは、おやつ感覚で食べられます。

店名にもなっている元気ころっけは
今でも値上げをすること無く、50円で提供。

d0153062_924361.jpg


ホッキシューマイ揚げ 300円
(この日は一割引き実施中の為 270円)

その名の通り揚げた、ホッキシューマイ。
開けると、ポテトチップスのような香ばしい
かおりがします。

d0153062_932472.jpg


自宅に持ち帰る間に冷えてしまい、電子レンジで温めて食べました。
出来たてなら、表面がぱりぱりしていて
通常ともまた違う食感だったのかも。

機会あれば、揚げたてを試してみたい。


元気ころっけ
苫小牧市港町2丁目2-5 ぷらっとみなと市場内
営業時間 6:00~16:00
定休 水曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-25 09:10 | 苫小牧 | Comments(0)

ダンディライオン

d0153062_823538.jpg


TEA&FOODS Dandelion(ダンディライオン)

洒落た外観に、日差しの差し込む落ち着いた店内。
夏なら外も心地良さそうなオープンガーデン。
パスタに、ショーケースのスイーツ。
ご店主が女性と言う事もあり、女性のつぼを心得ている。

喫茶店を開く事が夢だったご店主が、
脱サラして開業したお店だと言う。

d0153062_825335.jpg


20数種類のパスタを中心に、
ピザ、ピラフ、オムライス、グラタン、カレーなど
メニューも各種。

昼にはワンプレートに7~8品を並べた、野菜中心のカフェメシや
豚肉温玉のカフェドンもあります。

d0153062_831325.jpg


イカのしそ風味パスタ  980円

ドリンクかソフトクリームが付きます。

d0153062_833897.jpg


お値段そのままで、パスタの量を減らし、
フォカッチャを付ける事も出来るようです。

ワッフルやパフェなどデザートも各種。


小さいお子さんのいる主婦の方も、ご気軽にご利用ください
と言った記載がありました。

店内での手作りウエディングや、
コンサート、パーティーが行われる事もあるようで
周辺の社交場的な雰囲気もあります。


TEA&FOODS Dandelion(ダンディライオン)
苫小牧市日吉町2丁目5-19
営業時間
  月  10:00~17:00
火~土 10:00~22:00
定休  日曜(予約時のみ営業)

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-24 08:07 | 苫小牧 | Comments(2)

加藤宅のイルミネーション 2010

d0153062_873093.jpg


冬と言えば、イルミネーション。
市内でも屈指のイルミネーションハウスとして、
その動向が注目されている、板金業を営む加藤さんのお宅。

昨年は中止していたようですが、
今年はライトアップが始まりました。

d0153062_7585293.jpg


庭も開放していて、中の様子も見る事が出来ます。

d0153062_759817.jpg
d0153062_7592417.jpg


イルミネーションの飾り付けは、孫娘の誕生を祝って
1998年に始め、その後年々新しい飾りが増えて
現在は電球約3万個を使用。

d0153062_759558.jpg
d0153062_801356.jpg
d0153062_804971.jpg


場所は桜木町4丁目。

一般家庭なので、住所を書いていいものかどうか迷いましたが、
新聞やローカル紙にも普通に書いてあるので、問題は無いでしょう。

周辺は一般住宅ですので、迷惑にならぬよう
マナーを守っての見物を、お願い致します。

イルミネーションの点灯は17:00~22:00まで
1月までを予定。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-22 08:17 | 苫小牧 | Comments(4)

旬鮮厨房 三浦や その8

d0153062_9563429.jpg


旬鮮厨房 三浦や その8

以前は周辺の社員食堂と言う風でしたが、
今は様々な客層で賑わっています。

口コミ社会の現代においては、良い商売をしていれば
これと言った宣伝をせずとも
客が集まると言う事を体現している店と言えます。


遠くから来る方には、割安豪華な
「生ちらし」 「生寿司」をお勧めしています。
近隣の常連さんはどんな感じでしょう?
カウンター前から、おススメを見繕って食べる事が多いのかも。

私は大半が683円の天ぷら定食(通称、天定)
あるいは、カウンター前に大抵出ている「だし巻き玉子焼き」を
定食にしてもらって食べる事が多いです。
(683円、早くて安い)

d0153062_9571193.jpg


白菜と豚バラ 重ねむし定食  788円

この日のおススメの一つ。

d0153062_9572689.jpg
d0153062_957361.jpg
d0153062_9574625.jpg
d0153062_958033.jpg


寒い季節はやっぱり鍋。
立ちこめる蒸気に、雰囲気倍増。


旬鮮厨房 三浦や
苫小牧市元中野町2丁目16-10
営業時間 10:00頃(準備出来次第)から
       14:00~15:00頃まで
       (売り切れ次第終了)
不定休

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-20 10:00 | 苫小牧 | Comments(2)

洋菓子のファームソレイユ その3

d0153062_921031.jpg


洋菓子のファームソレイユ

開業は2003年と言う事で、新興の洋菓子店に見えますが、
元イーストジャパンの製菓部門で
腕を振っていた店主の店と言う事もあり
ここの味に親しんでいる方は、案外多いのかも。

d0153062_9213595.jpg


店の写真を出しつつ、店では売っていない品から。

「モーモープリン」

道の駅 ウトナイ湖 限定商品。

d0153062_9215044.jpg


溝口牧場の牛乳を使用した、
とろっと濃厚なプリン。

d0153062_9221752.jpg


黒豆レーヌ

新製品だったと思います。

d0153062_9224984.jpg


厚真産黒豆使用。特製オリジナルマドレーヌ生地に
6日間かけて柔らかく煮込んだ黒豆をたっぷり入れ、
発酵バターの風味豊かなマドレーヌ。

d0153062_9234796.jpg
d0153062_924163.jpg


イチゴショートや、シュークリームと言った定番も
変わらぬ人気です。


洋菓子のファームソレイユ
苫小牧市新開町4丁目2-2
営業時間 10:00~21:00
年中無休(元旦以外)
 
  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-19 09:25 | 苫小牧 | Comments(0)

ブロンズ像の受難

d0153062_9154554.jpg


当、ブログを長くご覧下さっている方は
もうご存じと思いますが、
鳥の中でも、とりわけカモ系が大好き。

なぜと聞かれても、かわいいからとしか言いようが無いですが、
強いて言えば、クチバシが丸みを帯びていて、足には水かき。
とがった所が無いから(やや、先端恐怖症・・・)

d0153062_917927.jpg


そんな訳で、駅前から市民文化公園までの
シンボルストリート、カルチャーストリートにある
数あるブロンズ像の中でも、これが一番気に入っていました。

女の子のスカートの裾を、アヒル(カモ)が引っ張っていて
女の子の「いやーん」な感じが出ている、
微笑ましいブロンズ像。


先日の苫小牧民報に、残念なニュースが載っていました。
このブロンズ像が何者かにより、壊されたのだとか。

台座の部分をバールか何かで引き剥がし、
ブロンズ像が倒されていたのだとか。
酔った勢いで、蹴った程度の話では無いようで
いたずらの範囲を超えた、悪質な所業。

粉々にされた訳ではないので、きっと元通りに修理されると思いますし
そう願っていますが、大変残念な出来事です。

こう言った物はみんなの財産。
大切にしていきたいものです。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-17 09:33 | 苫小牧 | Comments(7)

プチレストラン葡麗紅 その7

d0153062_9193094.jpg


プチレストラン葡麗紅(ぶれいく)

創業は1975年。当時は汐見町に店を構えていました。
現店舗(新中野町)をオープンしたのは 1990年の事。
市内では中々の老舗です。


「葡麗紅」の名が、広く知れ渡るきっかけになったのは
2003年、メニューに加えた 「スープカレー」 ではないかと
個人的には思っています。
今でこそ、カレー系フランチャイズも幾らか出店していますが、
当時の苫小牧としては、大変珍しいものでした。

約70品と言う多彩なメニューと
客層は老若男女、へだたる所がありません。

d0153062_9195567.jpg


11月14日から新メニューが加わりました。


満足カキフライセット  990円

MEGAハンバーグセット  1335円

d0153062_9202634.jpg


MEGAハンバーグセット  1,335円

d0153062_9204385.jpg


写真ではボリューム感が伝わらないのでは・・・

と、マスターが心配しておられるので、一言解説。
重量420グラムに半熟玉子の目玉焼きが付いた、
以前からある「会長ステーキ」をも上回るボリュームです。

d0153062_921720.jpg


肉汁、じゅわーっと系。
ハンバーグやソースの味付けがさっぱりしている為か
思っていたより食が進み、何とか完食出来ました。

通常サイズのハンバーグもありますので
無理だと思う方はそっちで良いと思います。

d0153062_9212611.jpg


今時期なら、コーヒーもサービスで付きます。


  プチレストラン葡麗紅
 苫小牧市新中野町3丁目13-8
 営業時間 平日  10:00~22:00
       日祭日 12:00~20:00
 定休日 第1、3 日曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-16 09:23 | 苫小牧 | Comments(0)