<   2010年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

金太郎の池(秋)

d0153062_93001.jpg


道すがらの道路。

数日前の初雪は、すっかり消えましたが、
樽前山には残っています。

d0153062_9301443.jpg


金太郎の池

在住組のマガモ以外の他
渡って来た オナガガモ も数羽見られます。

d0153062_9302574.jpg
d0153062_9303713.jpg
d0153062_9304964.jpg


紅葉のピークは過ぎたか?
あるいは、まだなのか?

今年の紅葉は理解しにくい・・・。
総じて赤が少ない。

d0153062_931659.jpg


渡って来た十数羽のヒドリガモ。

警戒心が強い為、驚かさないように
一定の距離を取ります。

d0153062_9312246.jpg


換羽中の為、中途半端な顔をしている
マガモオス。

もうすぐイケメン♂です。

d0153062_9314120.jpg


明らかに 「エサくれ」
と言う顔をしている、マガモメス。

野生動物とは節度ある付き合いを。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-30 09:39 | 苫小牧 | Comments(4)

アジアンバーラマイ 苫小牧店

d0153062_7493668.jpg


アジアンバーラマイ 苫小牧店
2003年、札幌でオープンした、
インドネシアンスープ、スープカレーの店。

札幌、旭川、函館、小樽、千歳、横浜で、
10店舗を展開。

8月25日、苫小牧店がオープン。
場所は旧イトーヨーカドー向かい。

オープン以来これと言った宣伝は見かけませんし、
店の前に「スープカレー」と書いた
「のぼり」でも出しておいてもらえると、分かりやすいのですが、
OPEN の札が無ければ、営業しているのかどうかも分かりにくい感じ。

「バリ島からやってきた小さな隠れ家」 と言うのがコンセプト

d0153062_7495633.jpg


禁煙カウンター席。

他のボックス席も仕切りが多く、くつろげる感じ。
照明を少し暗めに落とし、調度品や絵画を配置。
全てバリ島で買い求めた本物だそうです。

d0153062_7501462.jpg


メニュー
(画像ぽちで、大きく表示)

定番の野菜やチキンを始め、数種類のスープカレー
その他トッピングや辛さ説明。

d0153062_7503960.jpg


チキンスープカレー  980円

辛さ 5

レギュラーを頼みましたが、
無料で大盛を頼む事も出来ます。

d0153062_7505770.jpg


ライス S,M,L の 3種類。
セット料金なので、どれを頼んでも無料。

数種類のスパイスをベースに、
ココナッツ風味に仕上げた 「ナシクーニン」 と言う
インドネシアではポピュラーのライスなのだとか。

d0153062_7511267.jpg


じっくり煮込まれたチキン。

d0153062_7513685.jpg


複数の香辛料が絡みあい、コクがあって
想像以上にまろやか。

「少し辛めで召し上がる事をお勧めします」
と言う但し書きの意味がよく分かりました。

市内では、他のカレー系フランチャイズも
それぞれ頑張っていますが、
また一つ、有力な新勢力の誕生です。


アジアンバーラマイ 苫小牧店(Asian Bar RAMAI)
苫小牧市木場町1丁目10-10
営業時間 11:30~21:00(LO)
年中無休

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-29 07:53 | 苫小牧 | Comments(2)

パスタ・デ・ドーモ その7

d0153062_931460.jpg


パスタ・デ・ドーモ

ランチでは毎週のようにお世話になっていますが、
それ以外にも、お昼の弁当や、カラオケランチ、
パーティープランなど色々なサービス、商品があります。

洋風の宴会と言うのも、一度は経験してみたいものです。


今回は、
パスタ、メイン、ドリンク、デザートの
 Dランチ  980円

d0153062_9312465.jpg


パスタ

明太子、ペペロンチーノ、トマト、クリームソース
ミートソース、和風の6種類から選択


明太子パスタ

d0153062_9321223.jpg


メイン

ポピエット、豚ロースチーズ、エビフライ、カニコロッケ
牛ステーキ、チキンソテーの6種類から選択。


豚ロースチーズ

d0153062_9323620.jpg


正直、これはちょっと画像が古いかも。
最近の物は、切るとチーズがとろっと出てくる感じだったと思います。

d0153062_9333873.jpg


デザート

「いつもこの手のイメージ画像撮影時に協力してくれる
 この間フードDで、ケーキ売ってた店員さん、ありがとう」 emoticon-0128-hi.gif


数種類からの選択。

系列店のケーキショップラムスター製。

d0153062_935340.jpg


ドリンク

d0153062_9362395.jpg


デザート


これで980円、安い。


パスタ・デ・ドーモ
苫小牧市表町2丁目2-9
 ランチ   11:30~14:45(LO)
 ディナー  火~土   17:30~21:30
         日祝    17:30~20:30
 定休 月曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-27 09:39 | 苫小牧 | Comments(0)

秋の登別温泉

d0153062_9305571.jpg


たぶん
「登別温泉はこっちだ!」 と言っている鬼の像。

「鹿部はこっちだ!」 で有名らしいですが、
その番組は見ていなかった為、正直意味は良く分かりません。

周辺地域の紅葉巡り。
手始めに登別温泉に行ってきました。

d0153062_9311372.jpg


地獄谷前。

周辺地域では紅葉スポットとして有名。
撮影日10月24日はこんな感じ。

少し紅葉のピークには早かったようです。

d0153062_9313732.jpg


今年の紅葉は、同じ木の葉でも
まだ緑の葉があったり、既に枯れて落ちていたり
ちょっと判断が難しい。

総じて赤が少ないような・・・。
暖冬の影響でしょうか。

d0153062_932128.jpg


「この景色、作り物じゃないのか」
と言っている観光客の声を多く耳にします。

そう言いたくなる気持ちも、理解できますが、
私の知る限り、誰かが削ったり盛ったり
色のついた土をまいたりした訳ではないと思います。

大自然の造形美。

d0153062_9324883.jpg


少し上の展望台から。

d0153062_93341.jpg


地獄谷から大湯沼への山道。
道端のドングリ。

沢山拾って、クマ牧場に持っていくと
入場料が割引になるサービスが好評。

d0153062_933257.jpg


大湯沼

例年よりお湯の量が少なめ
所々干上がっている場所があるのが気になる。

大湯沼の先にある 「天然足湯」 は、
10月15日の大雨で大湯沼に設置してある土嚢が崩壊し
遊歩道が地割れしている為
現在通行止めになっています(10月24日時点)

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-26 09:35 | 登別 | Comments(0)

味の大王 登別温泉店 その3

d0153062_7455872.jpg


味の大王 登別温泉店

味の大王と言えば、カレーラーメンですが、
こちらのお店は扱いが小さい感じ。

メインは何と言っても地獄ラーメン。

地獄ラーメンと名の付くラーメンは、
探してみると全国至る所にありますが、
この辺界隈だと、多分一番有名だと思います。


1993年、当初からあった辛目の「閻魔ラーメン」を
もっと辛くとのお客さんの要望で改良し、始めた地獄ラーメン。

d0153062_7463864.jpg


地獄ラーメン説明

d0153062_74702.jpg


これで1丁目、約4グラム。

10丁目以上を麺もスープも全て完食すると、
希望により店内に名が貼り出されます。

地獄ラーメンを出し始めて14年目の2007年10月、
10丁目以上の完食に成功した人は
1000人を突破。


0丁目でもチゲ鍋位の辛さはあるようで
以前試しに食べた1丁目でも、食べられなくは無いながら
相当辛かった記憶があります。

d0153062_7493269.jpg


現在の最高記録は 52丁目

さすがにこれ以上は不可能だろうと思われた
51丁目の記録を、約1年4カ月ぶりに塗り替えました。

ちなみに1丁目増す事に、50円プラス。

元々の値段0丁目 800円 + (52丁目×50円) = 3,400円
値段も辛さも最高レベル。


52丁目ともなると、ペースト状のスープ(唐辛子)を
レンゲですくって食べるような感覚でしょう。

記録保持者も2時間30分かけて完食した人
30分位で食べた人などまちまちのようです。
(閉店時間になるとタイムアップ)

さすがに、ここまで来ると
自身の記録が破られても、再チャレンジする人は見られません。

この店での記録更新は、周辺地域ではちょっとしたニュースで
以前は記録更新の度に、室蘭民報でも取り上げられていました。

d0153062_7515069.jpg


味噌カレー地獄  850円

地元の方が注文する裏メニューでしたが、
最近は存在が知れ渡ってきています。

d0153062_7521137.jpg


味は普通の味噌カレー

d0153062_7524912.jpg


唐辛子が少しずつ溶けて、辛さも増してきますが、
味噌カレー本来の味もある為、地獄ラーメン1丁目程の辛さは感じません。

次に食べに来た時には、52丁目を破る猛者は現れているのか?
興味は尽きません。


味の大王 登別温泉店
登別温泉町29
営業時間  12:00~14:00
        21:00~翌2:00
定休日   第一、三、五  火曜日

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-25 07:56 | 登別 | Comments(2)

レストラン キャリオカ その2

d0153062_93429.jpg


レストラン キャリオカ
ホテルサンルート苫小牧2階のレストラン。
ランチは一般客の利用も可。

女性客の方が比率としては多いですが、
キャリオカ弁当を食べているビジネスマンの姿もあります。

d0153062_94111.jpg


メニュー

季節によって変わるようです。

写真が大きい為、ポークソティや、チキングリルが人気と思いましたが、
シチュード ハンバーグが一番人気らしい
と言う事を後で知りました。

その他、おかずが日替わりのキャリオカ弁当もあります。

d0153062_943622.jpg


ポークソティ シャルキュトリー  1,050円

d0153062_945388.jpg


オニオンとマスタードソースの、豚ロースソティ。

d0153062_95962.jpg


コーヒーとデザート。


2012年4月追記
現在、体制の変化などあり、
ランチは行っておりません。


レストラン キャリオカ
苫小牧市錦町1丁目1-2
   ホテルサンルート苫小牧2階
営業時間
 平日(月~土) 6:30~14:00(LO)
     (ランチ 11:00~14:00LO)
 日・祝祭日  6:30~10:00
 (朝食は完全予約制)


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-23 09:06 | 苫小牧 | Comments(4)

ウトナイレイク レストハウス

d0153062_9592513.jpg


ウトナイレイク レストハウス

何だこれは? と思った方も多いのではないでしょうか。
2008年3月頃の画像です。

d0153062_9594511.jpg


「道の駅ウトナイ湖」が無かった当時の
ウトナイ湖畔の無料休憩所。

ヘビーなバードウォッチャーの方なら
お世話になった事があるかもしれませんが、
知らない人の方が多いかもしれません。

d0153062_1001388.jpg


こちらは2008年10月

解体されているレストハウス。

d0153062_1005341.jpg


レストハウス奥の駐車場

渡り鳥の飛来する冬季は
観光バスが停まっている事もしばしば。

d0153062_10243100.jpg


現在の風景だとこの辺りでしょうか。
道の駅が出来た事で、この辺りも随分整備されました。

d0153062_10342100.jpg


2009年1月

建設中の「道の駅 ウトナイ湖」
名が決まったのはこの後なので
当時は名無しの道の駅。

d0153062_1043044.jpg


道の駅横の野生鳥獣保護センター

聞く所によるとこの辺りに、かつて
「ウトナイ観光ホテル」 があったのだとか・・・。


ウトナイ観光ホテル

昭和33年9月、ウトナイ湖畔の遊園地から始まり
同35年、観光ホテルを新設。

温泉を掘り当て、ボーリング場、ジンギスカンコーナー、遊園地
パットゴルフ場を設け、野外スケート場と白鳥の飛来する湖として
苫小牧を代表する観光地となった。

しかし、同55年以降経営は悪化。同58年苫小牧港開発に売却される。

同56年日本野鳥の会のネイチャーセンター新設や
平成4年ラムサール条約湿地に指定され
観光から自然保護への転換の中
ウトナイ観光ホテルは同7年11月5日に閉鎖された。

                      「目で見る苫小牧・東胆振・日高の100年より」

d0153062_1065494.jpg


時と共にこの辺りの風景や役割も
大きく変わっているようです。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-22 10:07 | 苫小牧 | Comments(4)

日本橋 その7

d0153062_9162234.jpg


寿司・天ぷら、やまべ活魚料理の日本橋

入口のやまべ。


通常、何を食べるかではかなり迷う事が多いですが、
今回は即決。

2週間位前に放送されたHBCの 「食べれば北海道」 で、
紹介されていた

 店長おすすめコース 4,000円

「まずは黙って食べてみなさい」 と・・・
(番組風)

d0153062_9165814.jpg


やまべから揚げ

頭から尻尾まで食べられるやまべのから揚げ。
表面はぱりっと、中は柔らかい。
日本橋の人気NO1

d0153062_917461.jpg


かに茶碗蒸し

d0153062_918613.jpg


ほっき貝揚げ

カニの身、玉ねぎ、シイタケなども入った
ホッキの貝を使った貝揚げ。

d0153062_9182447.jpg


生湯葉の酢の物

d0153062_9183863.jpg


ほっき笹寿司

北寄魚醤を塗したガリと、天然塩で味付けされた
ホッキの笹寿司。

さっぱりとした仕上がり。
ホッキが苦手な人でもこれなら食べられます。

「僕らが食べても美味しいと思う」
と言う、板前・大塩さんの一言につきます。

d0153062_9185413.jpg


やまべ寿司

寿司で食べたのは初めてでした。
川魚ですが、まったく癖の無い味。

d0153062_9191095.jpg


あら汁

対象物が無いので、分かりにくいですが、
大きなお椀です。

d0153062_9195548.jpg


デザート


以上、 店長おすすめコース

「これぞ日本橋」 と言う コースでした。 

d0153062_9201648.jpg


おまけ画像。
聞き間違えていなければ、サバの寿司

サバと言えば
小学生が苦手と答える「サバの煮つけ」
の印象しかありませんでしたが、
これは概念が変わります。

d0153062_9205828.jpg


牛乳deかぼちゃ茶碗蒸し(北寄魚醤使用)

かぼちゃと牛乳、卵の甘味。
普通の茶碗蒸しとも違い、スイーツ的要素もあるかも。
秋のレディースコースにもある茶碗蒸し。


日本橋
苫小牧市桜木町4丁目15-7
営業時間 11:00~22:00
 (ランチ 11:00~14:00)
定休日 火曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-20 09:24 | 苫小牧 | Comments(10)

パティシエ ラボ その2

d0153062_9352420.jpg


パティシエ ラボ

しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌 のスイーツショップ。

d0153062_935479.jpg


工房はガラス張り。
数名のパティシエ、パティシエールの人たちの
スイーツ作りの様子も見られます。

人気商品の一つ 鶴雅ロール製作中の様子。

d0153062_9361265.jpg


焼き菓子系と併設されているカフェ。

d0153062_9363719.jpg


この少し前、にわかに混んで、一気に沢山の品が出た為
ショーケースの品が少なめ。

陶器やグラスと言った高めの器を使用している為
商品も気持ち高めな物が多いようですが、
頻繁に来る場所でも無い為、ついつい購入してしまいます。

左の樽前山の溶岩ドームを模した
たるまえ山シューも人気商品。

d0153062_93658100.jpg


たるまえ山シュー、鶴雅ロール以外で売れ筋はどれですか?
と言う、ややつっこんだ質問をしてみた所
勧めてくれたのはこれ。

みそプリン

一般的なプリンの素材にみそも使ったプリンです。


その他数点購入。

d0153062_9372083.jpg


アーモンドたっぷりの生地にイチゴを乗せた

タルト・フレーズ

d0153062_9374391.jpg


ゆずらいむ

清涼感ある果物の酸っぱさの
ドリンクのようなゼリー


パティシエ ラボ
千歳支笏湖温泉
(しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌内)
営業時間  9:30~16:30

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-19 09:39 | 千歳 | Comments(4)

世界に一つだけの味 苫小牧編

HTBで平日15:45~19:00に放送されている イチオシ!

その中で、地元の人に聞いた
とっておきのお店紹介コーナー 「世界に一つだけの味」
10月14日は苫小牧市編でした。

このコーナーで苫小牧が出るのは、おそらく3度目位で
以前には、
 「マルトマ食堂の ホッキカレー」
 「パスタ・デ・ドーモの カニクリームソースパスタ」
 「三星の よいとまけ」
 「初代牛タン赤兵衛の 麦トロ定食」
と言ったお店が紹介されました。

まずは気になる結果から。

d0153062_7405919.jpg


3位

トロトロに煮込まれた豚の角煮と、しょうゆのうま味とだしを調和させた
こってりスープの見た目にも鮮やかな

ラーメンレストランニングル トンポーロ

d0153062_741378.jpg


2位

さっぱりした口どけの生クリームを
きめ細かいしっとりふわふわの生地でくるんだ
フルーツたっぷりのロールケーキ。

サン・ドミニック ルーロ・オ・フリュイ

d0153062_7421188.jpg


1位

厳選した上質な和牛と新鮮なリンゴをたっぷり使ったフレッシュなたれ

金剛園 本店  和牛上カルビ


今回は以上の結果でした。


この手の質問をカメラを向けられて、街中でされたら
どんな風に考えて答えるのでしょう。

単に自分が美味いと思っている、行きつけの店のメニューを言ってみても、
相手に理解してもらえなければ、仕方が無い事もあり
他の人が支持しそうな店の名を出す、いわゆる「美人投票」
的な答えを口にする事も多いのかな・・・と。


2位で11票と言うレベルだったので、
街中で30人~40人位に聞いた統計だと思われます。
聞いた場所によっても随分結果が変わってきそうです。

 「日本橋の やまべから揚げ」 とか
 「味の大王の 元祖カレーラーメン」 とか
 「花まさの あんかけ焼きそば」
 「満龍の 味噌カレーラーメン」

などなど、まだまだ色々ありそうです。

味や雰囲気の趣味は人それぞれで、
誰が褒めようが、けなそうが、どうでも良い事ではあるのですが、
次回が楽しみな気もします。 
 
  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-10-18 07:45 | 苫小牧 | Comments(6)