<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

♪支笏の湖畔~

d0153062_8354462.jpg


支笏湖温泉街。

紅葉の時期には、
周辺の道路が混雑する程の人の入りがあるとも聞きますが、
今時期は特にイベントも無く割と静か。

支笏湖名物ヒメマス(チップ)の時期も過ぎてはいますが、
冷凍等でストックがある為、普通に食べる事が出来ます。
今時期はきのこが旬なのか、秋限定として
きのこ天丼や、きのこそばと言ったキノコメニューを多くみかけます。

今年から売り出し始め、一時期は
ローカル番組等で好評ぶりを伝えていた
「アキヒメ温玉ライス」
その後の評判はいかなるものでしょう。 

d0153062_8361348.jpg


 ♪支笏の湖畔~
と言う歌はありませんが、支笏湖の湖畔。

d0153062_836325.jpg


樽前山が苫小牧の市街地から見るより近い。

樽前山登山のついでに支笏湖を訪れる人も多いと思います。
先ほどまで山頂にいたと思うと、不思議な気分になります。

d0153062_8365035.jpg


山線鉄橋。

苫小牧~支笏湖間を資材や人を乗せて運行していた山線の為の鉄橋。

道内最古の現役鉄橋。

d0153062_8433593.jpg


下を流れて行く千歳川。

d0153062_8373216.jpg


支笏湖ブルーと言う言葉もありますが、
水のきれいさには目を見張ります。

d0153062_8385634.jpg


数年間、支笏湖ビジターセンター内で飼われていた
猫のまだら。

子猫の頃、温泉街に捨てられ、ビジターセンターの人たちが
大切に育ててきたと言う、いきさつのある猫で
来客にも数年間、親しまれてきましたが
現在は、元館長さんの家で暮らしています。

と、言う訳で、もうまだらに会う事は出来ませんが、
元館長にとっても、まだらにとっても
最良な事ではないかと思います。

きっと今も窓際でのんびり昼寝をしながら
暮らしている事でしょう。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-30 09:03 | 千歳 | Comments(4)

そば処 千曲 その2

d0153062_745575.jpg


そば処 千曲

大町と錦町の境界線付近のすずらん通り。
1947年食堂として開業。
1982年 そば、うどんの専門店「千曲」 となる。
現在は2代目。

d0153062_7461693.jpg


メニュー

その他ランチとして
親子丼、エビフライカレー丼、カツとじ、天丼 との セットや

ホッキを使った
ほっきカレー南蛮、ほっき天そば、ほっきカレーもあります。

d0153062_7463551.jpg


そばランチ 680円

d0153062_7465114.jpg


そば

d0153062_747571.jpg


ホタテ炒飯

小丼は日替わり。

d0153062_7472550.jpg


幌加内産石臼そば粉を使用。

麺つゆは割亀・宗田鰹を使用。

d0153062_7474215.jpg


コーヒー付きです。


そば処 千曲(ちくま)
苫小牧市大町1丁目4-19
営業時間 11:30~13:40
       17:30~25:40
定休  日・祝 年始

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-29 07:48 | 苫小牧 | Comments(0)

樽前山登山 2010

d0153062_9455480.jpg


周辺住民なら毎日見ている樽前山。
信仰の対象となるのも解る気がします。

樽前山は7合目まで車で行く事が出来
山頂まで歩いて一時間弱程で行けると言う事もあり、
周辺学生の遠足のみならず、登山者にも人気のある山。

この日は平日でしたが、7合目の駐車場はほぼ満車。
○○の秋、と言う言葉もありますが、
暑い時期を過ぎ、何かをしてみたくなるのが人の性です。

近隣住民より、札幌など遠くから来ている方が多いと言う印象。

d0153062_9462011.jpg


登り始めは木々の生い茂る山道。

d0153062_9463780.jpg


樽前山

山名の由来は、アイヌ語のタオロマイ(taro oma i)
(川岸の高い所 ある もの)
周辺の川や水源の総称だったようです。

d0153062_946558.jpg


程なくある見晴らし台。

樽前山から支笏湖を望むの図。

d0153062_9471271.jpg


楽勝な山みたいな言い方をされる事もありますが、
年数件の遭難未遂事件も起きていて
事実、山頂付近の気候変動は激しく、火山活動も今だ活発の為
気は引き締めて登る必要があります。

d0153062_9473334.jpg


登山道から市街地。

こうして見ると人が住んでいるのは、海岸沿いのみで
山麓は広大な原野。

d0153062_9475483.jpg


東山ピークと、西山ピークの分かれ道。

西山ピーク 994.6mは、やや遠いので
定番の東山へと向かいます。

d0153062_9491592.jpg


もうすぐ山頂、
と言う所で次回につづく。

近日中にアップ予定です。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-28 09:59 | 苫小牧 | Comments(5)

中国料理 蓬莱 沼ノ端

d0153062_7461584.jpg


中国料理 蓬莱 沼ノ端


錦町にある同名の店舗からの「のれん分け」により
2001年から、経営は別のようです。

また、行政区分の変更もあり沼ノ端から東開町となり
便宜上 沼ノ端を付けましたが、
店舗名からは沼ノ端は消され 「中国料理 蓬莱」
とのみ、呼称するのが正解のようです。

(以前、看板のパンダの絵横に沼ノ端店と表記されていたが、
現在は消されています)

d0153062_7463424.jpg


メニュー

各種一品料理や炒飯等ご飯物、あんかけ焼きそば他、定食。

表記は無いですが、定食系はランチメニューかもしれません。

d0153062_746555.jpg


蓬莱定食2  1,280円

d0153062_7471141.jpg


チンジャオロースー

d0153062_7473134.jpg


エビチリ

d0153062_7474932.jpg


スープとサラダ。

食後にはジャスミンティー。


中国料理 蓬莱
苫小牧市東開町3丁目17-26
営業時間 11:30~14:00(LO)
       17:00~21:00(LO)
定休  火曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-27 07:50 | 苫小牧 | Comments(2)

味の大王 生粋

d0153062_7141927.jpg


味の大王 生粋

「カレーラーメンの本流」
「鮮度のよさ」 「粋である」 の三つの意味を込め
 生粋 と名付けられた
味の大王 3店舗目の直営店。

今年の5月21日オープンと言う事で、
開店から4カ月が過ぎました。

d0153062_7154133.jpg


注文は食券方式。券売機の写真を撮れる状況に無かった為、
総本店の券売機画像。
注文できるメニューや、値段もおおむね同じと思われます。

ライスが150円で食べ放題と言う、ライスバーなるものもありましたが、
それは総本店には無いかもしれません。

現在、ホクトと大王のコラボ
「ホクト七星丼」 なる キノコに星型のバターを乗せた
秋限定丼もあります。

券売機の横にはジュースの自販機もあり、
好きに買って飲む事も出来るようです。

d0153062_7163137.jpg


辛口カレーラーメン  850円


d0153062_7165653.jpg


古きを尋ね新しきを知る 「温故知新」 が
味の大王 生粋のコンセプト。

昔からの常連の要望が多かった玉ねぎを復活させました。

d0153062_7171874.jpg


昔は太い麺を使用していた事もあり
小麦の味わいが感じられる太麺を使用。


場所はそこそこ良いと思われますが、
なぜかラーメン店が次々に入れ替わる鬼門の店舗だけに、
ここらで、悪しき連鎖を断ち切ってほしい所です。


味の大王 生粋
苫小牧市春日町3丁目16-19
営業時間 11:00~21:00
無休

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-25 07:20 | 苫小牧 | Comments(6)

苫小牧の海岸線

d0153062_951967.jpg


例年であれば、錦多峰川を遡上する鮭や
周辺海岸の鮭釣りの様子などをアップしている所ですが、
今年は例年より暑かった事もあり、海水温も高め。
鮭の遡上数も極端に少ないようです。

ここ数日気温も低くなってきましたので、
これから鮭も増えてくるかもしれません。

今回は元町方面から、汐見町近辺までの海岸線です。

d0153062_953426.jpg


竿が数本。

持ち主が見当たらないのが不思議。

d0153062_96983.jpg

d0153062_96274.jpg

d0153062_964450.jpg


海岸線の状態も場所により、異なります。

d0153062_965923.jpg


誰かが釣りをする為に作った台でしょうか。

d0153062_971598.jpg


ふるさと海岸近辺

d0153062_97304.jpg


少し沖を見ると、砂の流出を防ぐための離岸堤が広がっています。


たまの海の眺望や散策。心穏やかになれる気がします。

錦多峰川周辺にも少し間を置いて、行ってみたいものです。


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-24 09:36 | 苫小牧 | Comments(4)

天ぷらDining 天舟 その2

d0153062_854262.jpg


天ぷらダイニング 天舟

1994年、日新町で開業。
昨年、錦町に移転しました。


以前、 鮨天 が営業していた店舗ですが、その話題を振ってみると
複雑な表情を浮かべるご店主。

何でも、先代の頃の鮨天や、
旧店舗(ここ)で営業していた頃の鮨天を懐かしむ客が多いそうで
「ここで商売していてこその鮨天だったんだ」 と 繰り返し、ぼやく客も複数。

しかし、天舟のご店主と鮨天はまったくの無関係で
「そう言う事は向こう(現店舗の鮨天)で言ってほしい」 と弱り顔。

どちらの言い分も良く理解できるので、思わず爆笑してしまいました。

d0153062_8544794.jpg


メニュー

ランチも移転後数カ月から再開。


売りは何と言っても、さっぱりとした揚げたて天ぷら。
一味違う専門店の味。

夜は多彩な天ぷらや新鮮魚介の一品料理。


大黒摩季さんも苫小牧公演の前日に訪れています。

d0153062_855933.jpg


定食D 840円

d0153062_855258.jpg


かき揚げ丼

野菜や魚貝のかき揚げ。

d0153062_855433.jpg


鴨ラーメン(塩)

d0153062_856343.jpg


コーヒー


余談ですが、日新町で営業していた頃、近所で
ご店主とも親交のあった方が営業していた
フランス食堂 ボナペティは 3月で閉店したそうです。


天ぷらDining 天舟
苫小牧市錦町2丁目3-9
営業時間 11:30~14:00
       17:00~22:30(LO)
定休 日・祝

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-22 08:57 | 苫小牧 | Comments(2)

横綱・白鵬

d0153062_8401583.jpg


横綱・白鵬

千代の富士の53連勝を抜き、
9月20日時点で56連勝。


そこで白鵬 偉業達成便乗企画。
2年前の大相撲苫小牧場所から白鵬の画像を蔵出しでアップ。

d0153062_8404026.jpg


1988年 当時の横綱・千代の富士(九重親方)が、
連勝記録を止められたニュースは激震でした。

このニュースは、家族で晩御飯を食べながら見ていましたが、
家族全員が 「負けた」 と叫んだ事や、
千代の富士の悔しそうな表情が今でも印象に残っています。

それから22年の時を経て、
連勝記録を塗り替えたのが、白鵬。

祝福した九重親方も、嬉しいような、少し悔しいような
複雑な心境だったのではないでしょうか。

d0153062_8405325.jpg

d0153062_8412289.jpg


ウィキペディアによりますと
当初、しこ名は横綱大鵬と柏戸に因んで柏鵬(はくほう)
とする案があったが、色白の為 白鵬 となったとあります。

読書、テレビゲーム、チェスが趣味。

d0153062_8413524.jpg


身長192cm
体重154kg

入門当初は小柄で2ヶ月間は稽古をさせず
毎日吐くほど食べさせ、牛乳を飲ませたとあります。


当時はもう一人、何かと話題になる横綱もいました。

今は実業家でしょうか。

d0153062_8415879.jpg


おまけ画像

昨日対戦している、把瑠都と魁皇。

把瑠都、横綱昇進便乗企画の準備もありますが、
これは当分先になりそう。

大関昇進の折、アップした方がよかったかも。


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-21 09:06 | 苫小牧 | Comments(2)

季節料理 わかめ

d0153062_8573761.jpg


季節料理 わかめ

住宅街の山際、気が付きにくい場所で営業している
創作和食料理店。

店として広告を出したりする事も無く、店舗情報を見かける事は稀。
逆を言えば、周辺住民の口コミだけで、十分に商売になっていると言えます。


隠れ家的要素で売っている為、ネットで不特定多数に情報を流すのはまずい
と言う事もありはしないかと、店員さんにそれとなく聞いてみたところ
そう言う訳でも無いようですので、ひとまず安心。

d0153062_8575969.jpg


カウンター他、こあがり(個室)も多数。

ご店主と息子さんで店を始めたのが13年程前。
現在地に移転して9年程経ちます。

d0153062_8582132.jpg


メニュー

おススメはロースカツ御膳との事。
良く見るとそこだけ色が違う。

裏は、とりごぼうやホッキの釜飯、そばもセットの御膳。

メニューは時々変更しているそうで
近々鴨系のメニューも数種類、写真も入れた新しいメニュー表を作るそうです。


夜のメニューも見せてもらいましたが、
魚介、山菜、釜飯など100種類以上の一品料理と
珍しい地酒なども各種。

d0153062_8585159.jpg


国産豚ロースカツ御膳  1,480円

小鉢のかぼちゃはサービス。

d0153062_8591322.jpg


上の画像は、やや構図が悪い為
カツのボリューム感が理解しにくいですが、
重量260グラム(確か・・) の カツ。

d0153062_8592948.jpg


晩になっても、なかなかお腹が空かない程のボリューム感。

ごちそうさまでした。


本業は夜の営業のようで
「夜も是非、いらして下さい」 との事でした。


季節料理 わかめ
苫小牧市日新町6丁目15-31
営業時間 11:00~14:00
       17:00~23:00
年末年始他 不定休
 
  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-18 09:02 | 苫小牧 | Comments(2)

北寄魚醤と田舎やきそば

d0153062_9404754.jpg


北寄魚醤

昨年から大ブームの 「食べるラー油」
ラー油に限らず、様々な調味料は食卓を豊かにしてくれます。

北海道には、寿都産「真ほっけ」から作った「ほっけ醤油」 や
鶏の内臓を発酵させた世界で唯一調味料 「鶏醤」 と言った
変わった魚醤、調味料が存在するそうです。

そんな中、苫小牧はホッキの水揚げ高、全国一を誇るホッキの魚醤。
携帯電話より小さな小瓶 25ml  1,050円

180ml 5,040円 の 「十歳造」 と言う
古醤油の話を聞いた時は驚きましたが、それより高い北寄魚醤。  
日本で一番高い醤油かもしれません。

d0153062_9411310.jpg


高濃度製品で、隠し味として数滴を使います。
2滴で約3円
計算上、1回2滴で 200回以上の使用可能。
そう考えるとちょっと安心。

ホッキ由来製品だけに、タウリンや
アラニン、グリシンと言ったアミノ酸が豊富。
旨味成分グルタミン酸の含有量も特筆に値します。

気になる味の方は、化学調味料のようなはっきりした味では無く、
「まろやか」 「甘い」 「深くなる」 「何かが引き立つ」 ・・・
未知の味の為、表現のしようがありません。

一般的な調味料と違い、使い慣れていない為
事前に頭の中で 「味を描く」 事が出来ない事もあり、
使ってみてのお楽しみ。期待7割、不安3割と言ったところでしょうか。

d0153062_9415389.jpg


どう使うかは、味を描く才のある人に任せると言うのも手。
今回は甚べい本店限定の 「北寄魚醤 田舎やきそば」 を
購入に訪れる。

d0153062_9421774.jpg


残念ながら、売り切れ。
作られるのは一日三回。数量も限られており、売切れたらそれまで。
他の弁当のように配達してもらう事も不可。

意外に手に入れにくい商品。
しかし、ブログネタとしては多少の障壁があった方が面白いとも言えます。

d0153062_9425372.jpg


北寄魚醤 田舎やきそば  280円

以前食べた、甚べいの普通のやきそばと比べると
やはりまろやかな感があります。
ぴりっとした紅しょうがのかき揚げも良いアクセント。

d0153062_9453346.jpg


その他、肉じゃがや、煮しめ と言った北寄魚醤使用総菜もあり。

噛みしめるとじゅわっと出てくる煮汁。
気を付けて味わいます。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-09-16 09:48 | 苫小牧 | Comments(8)