カテゴリ:白老( 11 )

まいこのマドレーヌ

d0153062_9324848.jpg


まいこのマドレーヌ


「しらおい菓子工房まいこ」の看板商品。
正確な値段を忘れてしまいました。170円位です。

周辺地域の物産展にも、よく出品しており
先日市内であった、とある地域特産品直売会で購入しました。


「まいこ」と言うのは、自閉症の長女の名前。

娘を伸び伸びと遊ばせる事が出来るよう、
社宅から一軒家に引っ越し、
隣に住んでいた、菓子作りが得意なおばあちゃんの影響もあり
周辺地域の大型店に一坪ショップを出し、菓子を売り始めます。

d0153062_9351362.jpg


直径は10cm位。

ふんわり、しっとり。
オレンジリキュールのほのかな香り。

d0153062_9353654.jpg


他、その場にあった、
代表お勧めの2品。


くるみとレーズンのパウンド

フロランティーヌ


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2012-09-13 09:37 | 白老 | Comments(0)

白老たまごの里マザーズ その2

d0153062_855483.jpg


白老たまごの里 マザーズ

養鶏場の自販機によるたまご販売から始まり、
5年ほど前に、鶏卵をふんだんに使ったシュークリームなどの
オリジナル菓子販売を機に、観光情報誌などでも頻繁に取り上げられる人気店に。

現在は鶏卵販売は元より、
シュークリーム、プリン、ロールケーキ等のオリジナルスイーツ、
親子丼、たまごかけご飯、ご当地バーガーなどのランチと言った
たまご関連の総合事業へと躍進を遂げました。
昨年の投稿

今回は1年ぶりにスイーツマザーズ。

d0153062_8561011.jpg


シュークリーム、プリン、ソフトクリーム、アイスなどのスイーツやその他小物
飲食スペースもあります。

日曜、祝日は混雑していますが、平日だと通常ならそれほどでも無いようです。

d0153062_931746.jpg


ガラス張りの工房内で手作りされていて、数量も限られるため
土日祝日の販売時間は
10:00  11:30  13:00
の3回。

個数制限もあり
2個、又は5個入りセットで、一人10個までと決められています。

その為、休みの日のシュークリーム販売には行列が出来ますが、
平日なら一切の制約は無いらしく、
この時は品切れと言った事も無いようでした。

d0153062_8565898.jpg


カスタード、ミックス、クッキーシューの3種類。

ミックスシューは白い粉末砂糖をかけてあります。

d0153062_8571460.jpg


一番人気と言うクッキーシュー。180円。

d0153062_8573662.jpg


皮を2重に焼きあげて、表面はパリッとした食感。

中はクリームたっぷり。

d0153062_8574949.jpg


以前来た時は無かったですが、
チョコソフトも販売されていました。


白老たまごの里マザーズ
白老町字社台289-8
営業時間 10:00~18:00
定休日   毎週火曜(祝日は営業)

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-10-30 09:34 | 白老 | Comments(2)

山菜料理店 グランマ

d0153062_8155871.jpg


白老駅前の大町商店街。

他の地域同様、シャッターの下りた店舗が目立っていましたが、
ここ数年、商店街活性化の為の公共、あるいは民間の団体による
店舗活用など、さまざまな取り組みが行われています。

そんな中で、もっとも注目を集めるのがこのお店 「グランマ」

その名の通り平均年齢70歳以上と言うおばあちゃん14人が、
今年の6月17日、資金を持ち寄り空き店舗を改装して開業。
高齢者ビジネスとして、ローカル紙や番組でよく取り上げられています。

徳島に、料理の飾りに使う葉を料亭などに売るビジネスで
元気な高齢者の街がありますが、そこに視察に行き
ならば私たちは、山菜を商売に出来ないだろうか?
と言う思いつきがきっかけになったらしいです。

d0153062_8161458.jpg


メニュー。

主に山菜定食と、日替わり。
この日の日替わりはカレーでした。

広いバックヤードでは、
たくさんのおばあさんたちが談笑しながら働いています。
穏やかそうな人、話好きな人、妙に神経質な人・・・個性も色々。

純利益 ÷ 人件費 = 給料  だから 14人ともなると、
クラブ活動と言うか、半分ボランティアに近く
後に聞いた話によると、当初は日給数百円の世界だったらしい。
でも、みんなここに来るのが楽しくてやっているから、気にしていないようです。

そう言えば後ろの席に、ラジオのパーソナリティなどでよく声を耳にする
北川久仁子さんのサインがあった。ローカル番組の取材で訪れていたようです。

d0153062_8162827.jpg


山菜定食。450円。

質素ですが、値段も安く健康的。
こう言った料理をゆっくり味わいながら食べる日が
一週間に一度くらいあるのもいいかも。

d0153062_8164319.jpg


タケノコやフキなどの山菜が入った炊き込みご飯。

ゴマ風味の白あえも美味しかった。


グランマ
白老町大町3丁目1-2
営業時間  10:00~14:00(LO)
定休 日曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-09-22 08:56 | 白老 | Comments(6)

冬のポロト湖

d0153062_935471.jpg


 ♪ポロトの湖畔~
と言いたい所ですが、ポロト湖の中心付近。
2月6日、暖冬の影響もあり延びに延びていましたが、ようやく解禁された
ワカサギ釣りです。

この日は2月11日、祝日と言う事もあり、多くの釣り客で賑わっています。

苫小牧の錦大沼も同時期にワカサギ釣りが解禁されていますが、
バスがあまり無いので、ポロト湖にしました。

釣りをしながら、仲間うちでワイワイと持ち寄ってきた肉などで
氷上バーベキューのようなものをしている人も多く、なにやら楽しそうです。

d0153062_9354846.jpg


今年のウトナイ湖はとうとう完全結氷しないまま、水面が広がりつつありますが、
ポロトの氷は現在ワカサギ釣りが可能な厚さ、15センチ位あるようです。

d0153062_936939.jpg


中には1日で数100匹釣る方もいるそうですが、
それだけ釣れると楽しいでしょうね。
調理の方は大変そうですが。

この日の釣れ具合はいまいちだったようで、この方も
「あまり釣れないね」 と言っておられました。

d0153062_936478.jpg


少し離れたポロト温泉。
平日は車も少なく、遠目には営業しているかどうか解らないですが、
しっかり営業中。日帰り入浴400円。

d0153062_937680.jpg


裏はスケートリンクになっています。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-02-13 10:06 | 白老 | Comments(13)

たらこ家虎杖浜

d0153062_961595.jpg


白老の虎杖浜。

虎杖浜の駅から海岸線へ。
海岸沿いの道路を登別側へと歩きます。

乾物店や海産物加工場の多く点在する路地を行き
終盤あたりにこの店はあります。

d0153062_964575.jpg


海鮮工房 たらこ家虎杖浜。
大正2年創業。100年目まであとわずかの老舗。

虎杖浜前浜産のたらこや明太子、その他海産物の販売の他に
店の一角には食べ処もあります。

d0153062_971856.jpg


たらこ丼。

虎杖浜と言えば、やっぱりたらこです。

d0153062_974134.jpg


小鉢は、たらこの天ぷら。
こう言う食べ方があるとは知りませんでした。

d0153062_981036.jpg


お椀は一般のものより、やや小振りなようですので
これでも完食出来そう。

d0153062_983863.jpg


たらこ二本と、ばらのたらこ。

d0153062_99044.jpg


昆布〆の鱈の刺身。

わさび醤油もありますが、たらこは殆ど何も付けずに食べました。

他にも甘エビ天丼や最近盛んにPRされている、白老バーガーもあります。


海鮮工房 たらこ家虎杖浜
白老町虎杖浜185
営業時間 8:00~18:00
 食事コーナー 11:00~17:00(LO16:30)
休日 年末年始

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-02-12 09:12 | 白老 | Comments(10)

白老たまごの里マザーズ

d0153062_971467.jpg

白老たまごの里マザーズ。

以前はスイーツを扱っているスイーツマザーズについてでしたが、
今回は各種たまごや親子丼のもとなどの鶏肉加工品、
そしてたまご料理のランチが食べられるたまご館。

目の前に写っているのは、たまごの自動販売機を設置してある施設。
たまご館はこの裏手にあります。
何も無い場所に、ぽつんとあるたまごの自販機。
それが口コミで評判を呼び、現在の事業展開となったようです。
d0153062_973852.jpg

親子丼や、生たまごの追加自由のたまごかけごはんなど。
d0153062_98021.jpg

鶏そぼろ丼。
徳島産亜麻仁鶏の鶏肉とさくらたまごの黄身をトッピング。
一日10食限定。

この時は一日3回のシュークリームの発売時間が迫っていたので
のんびり味わって食べている余裕も無く、手早く食べて足早に席を立ちました。
d0153062_982431.jpg

たまごソフトクリーム。

行楽地ではソフトクリーム、寒くてもソフトクリーム
回りに呆れられても、とにかくソフトクリームです。

アイス飲料の一部は冬期間は中止のものもあるらしいですが
ソフトクリームはどうなんでしょう。
屋内なので通年と言う気もしますが、確認していないので分かりません。

ソフトクリームはこうしている間にもどんどん融けてしまうので
画像にするのは難しい・・・。
d0153062_98532.jpg

同時に買った、たまごプリンは食べきれず、持ち帰って自宅で食べましたが、
電気の下での画像はイマイチ仕上がりがぱっとしなかったので
店内のたまごプリン。

スイーツ系のみずみずしい感じを画像にするのは、特に難しかったりする・・・。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2008-11-12 09:30 | 白老 | Comments(16)

♪クッタラの湖畔~

d0153062_8123881.jpg

♪クッタラの湖畔~
と言う歌はありませんが、倶多楽湖です。

周囲8キロ程の小さな湖ですが、水質、透明度は、
全国でも屈指の湖です。
d0153062_8132152.jpg

この時期だと寒いですが、貸ボートや
時期は初夏ごろですが、チップ(姫鱒)釣りをする事も出来ます。
ここのチップも100年ほど前に、どこかの湖から移植されたものです。
d0153062_8134895.jpg

倶多楽湖畔ウェルカム秋のまるごとスープ(長い・・・)
無料サービス(自然保護の募金は1口100円 希望者)
豚肉、白老産シイタケなどのスープ。美味かったです・・・。

この日は水質日本一倶多楽湖特別イベントと題して
無料のエコシャトルバスやエゾシカ肉の野外料理などの企画もありました。

エゾシカ肉のミンチを使用した「食ったら?バーガー」と言う物も
名物として存在し、ブログネタとしては最適でしたが
数日前に洞爺湖のシカの画像を出した直後と言う事もあり、さすがに無理でした。

論理としては間違っています。
人間食べなければ生きられないですし、実際皿に乗っていれば
動物でも魚でも何でも食べるわけですから。
家畜だから良くて、野生動物だからだめと言うのも、人間の線引きに過ぎませんし。

そう言う問題はともかく、店員さんが味見でシカ肉を一切れ、くれました。
残念ながら冷えていたので味はよく解りませんでしたが、
少し歯ごたえがありました。冷えているからかもしれませんが。
周囲の人の話によるとおいしいとの事。
ただ家畜ではないので味には、ばらつきがあるのは確かです。
d0153062_847588.jpg

周囲にはカッパが出るらしい。
車の方は運転注意。
d0153062_814441.jpg

近くの展望台から。


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します。
by gajousan | 2008-11-06 08:30 | 白老 | Comments(6)

スイーツマザーズ

d0153062_838426.jpg

白老たまごの里マザーズ。
ここの目玉商品は、その名が示す通り近くの鶏舎から供給される、
生みたて新鮮な各種玉子。

各種たまごの販売や
親子丼、たまご追加自由のたまごかけごはんなどのランチを食べられるたまご館や
たまごの自販機。
d0153062_8391469.jpg

そんな中でも人気なのが、生みたてたまごをたっぷり使ったスイーツ。
たまごソフトクリーム、たまごアイス、たまごプリンなど各種ありますが、
一番人気はシュークリーム。

土日祝日は一日3回しか販売されず、行列を作らなければ手に入らないと思います。
d0153062_8393599.jpg

販売中も新しいシュークリーム作りは続いています。
こういう感じで作るんですね!
見物していたかったですが、作っている方に悪いので止めました。

こうしている間にもクッキーシュークリームは売り切れた。
d0153062_84038.jpg

ミックスシュー(カスタードと生クリームのミックス)はあったので買えた。
画像に出来ればそれで良かったので、1つで十分でしたが、最小単位は2個から。
たまごプリンも買い、最後にはたまごソフトクリームも買いました。

今回、画像に出来るのはシュークリームのみ。
d0153062_8401945.jpg

たまご館で昼食を取り、たまごアイスを食べた後だったので
少し無理もありましたが、要冷蔵、賞味期限も今日ですし、
カバンに入れて置くと潰れてしまいますので、せめて画像には残さなくては。

たまご館のランチやその他スイーツの画像も近日中に。

白老たまごの里マザーズ
白老町字社台289-8
営業時間 10:00~18:00
定休日   毎週火曜(祝日は営業)

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2008-10-29 09:07 | 白老 | Comments(12)

♪ポロトの湖畔~

d0153062_845035.jpg

♪ポロトの湖畔~
と言う歌は無いですが、白老のポロト湖です。
d0153062_8452662.jpg

対岸に見えるのはポロトコタン。
明治初期頃のアイヌの人々の住居を移動、復元したもの。

周囲の紅葉も進んできました。
この日も周囲の森の散策に訪れている人を多く見かけました。
d0153062_8455230.jpg

ポロトコタンのパンフでは、ポロトは大きな湖と表記されていますが、
ポロト湖畔の案内看板やその他資料ではアイヌ語
ポロ・トー(大きな・沼)と書かれているのが一般的。

周囲4kmほどの小さな湖ですが、
それは洞爺湖や支笏湖に気軽に行ける現代人の概念で
当時、ここに住んでいたアイヌの人々にとっては大きな湖(沼)だった事でしょう。
d0153062_8462077.jpg

ポロトコタン前の露店。
つぶ焼きにホタテの玉焼きにとうきびなど。

北海道名物 こまい・・・?
コマイ(氷下魚)アイヌ語の小さな音の出る魚・・・?
別名カンカイで何となく意味が解りました。酒の友と言うやつかな。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2008-10-15 09:15 | 白老 | Comments(10)

白老仙台藩陣屋跡

d0153062_11354135.jpg

白老仙台藩陣屋跡。
白老仙台藩元陣屋は、南下してくるロシアなどへの北方警備の拠点として、
1856年に作られた、仙台藩北方警備の本陣です。

白老駅周辺から車で来るとあっという間ですが、歩きだと遠いです。
それに町並みもごく普通で刺激になるようなものもありませんし・・・
すっかり靴ずれして、足がいたい。
d0153062_11355488.jpg

キツネ発見。
白老の町外れと言うこともあり、自然が残っている感があります。
複数の鳥のさえずりも心地よく、一眼レフと望遠レンズを調達して、
訪れてみるのもいいかもしれません。

桜の木も多く、桜満開の時に訪れれば、様相は一変していると思います。
d0153062_11361228.jpg

近くに資料館もあります。
仙台藩の重役三好監物が、アイヌの古老の意見を聞きながら、
陣屋を立てる場所を検分している図。

当初は苫小牧の勇払に陣を置くよう幕府に命じられていたようですが、
湿地帯で陣を立てにくい上に、波も荒く船の出入りにも適さないと言う事で、
白老が選ばれたそうです。

その他、北方警備に関する資料が展示されています。

林子平、最上徳内、近藤重蔵と言った北方警備、北方探索に関わった人々の話や事柄は
中学、高校の歴史では殆ど触れられる事はありませんが、
みなもと太郎の歴史マンガ 「風雲児たち」では、
詳しく、そして解りやすく紹介されています。

余談ですが最上徳内は、文献に濁る川、ノボルベツ川(登別川)の記載もしています。
このあたりも実際に歩いていたようです。
d0153062_11362555.jpg

仙台藩は後に旧幕府側に加担した事で、新政府軍に追われ、
1868年、ここにいた人々も命からがら白老を後にします。
こうして12年間の仙台藩元陣屋の歴史の幕が閉じました。

門が再現されています。
その他は、堀や土塁が復元されているのみで、
当時の建造物が見られるわけではありませんが、いつしか忘れ去られ
朽ち果てていた元陣屋の復元には多くの人々の努力がありました。

昭和41年には国の史跡として認定されたそうです。
周囲は自然も多く残っていて、多くの鳥や植物、昆虫の姿を見ることが出来ます。

  ブログランキング ← ぽちっとお願いします
by gajousan | 2008-04-24 12:13 | 白老 | Comments(2)