カテゴリ:静内( 9 )

龍雲閣 その2

d0153062_941826.jpg


5月5日から「しずない桜まつり」が
開催されていると思うのですが、報道等で見かけない気がする。
(画像は直近のものではありません)


ちなみに開花状況は、すべてつぼみのようで
開花が始まるのは、まつりが終わる12日以降。

何ヶ月も前に決める予定の為、仕方の無い事ではありますが
なかなかうまくいかないものです。

現在開催されているのであれば
期間延長も十分にありえる状況です。

d0153062_9415622.jpg


龍雲閣


二十間道路の終わりに位置する、明治時代に建てられた貴賓舎。
今まで、歴代天皇を始めとした皇族や、様々な高位高官が訪れています。

国宝級の展示物もあり。

d0153062_9422117.jpg


二つの椅子と靴べらは
平成18年に御臨場された
現天皇・皇后両陛下がお使いになられたもの。

さらに進むと大正天皇がお使いになられたイスの展示もあり。
キャスターの付いた当時としては変わったイスだと言う。

d0153062_9425098.jpg


そもそも天皇が訪れるような貴賓舎が、どうしてこのような東京からすると
辺境とも言える地に存在するのか?静内一帯の歴史を簡単に振り返る必要があります。

明治5年、初代北海道開拓使長官・黒田清隆が大規模な牧場を区画した事に始まり
この地は宮内庁管轄の御料牧場として
宮内御料馬の生産や、軍馬の拠出をしていく事になります。

実用的な車や、ましてや戦車など存在しない当時としては
馬は車であり、戦車。

今風に言えばここは、国営の巨大自動車工場。
その重要拠点の視察に訪れる皇族や高位高官も多く、
そう言った皇族達の行啓道路として造成されたのが、有名な二十間道路であり、
貴賓舎である、この建物「龍雲閣」だったのでした

d0153062_9432135.jpg


右の額には龍雲閣の名付け親
伊藤博邦(伊藤博文の娘婿)の書。

それまでは凌雲閣と呼ばれていた。

d0153062_9434824.jpg


一階には当時の食器や家具などが展示されています。

中心が伊藤博文作の七言絶句


明治42年8月、韓国皇太子殿下の案内役として来場し、
その折座興として書いたものです。

加筆訂正の跡がある事から下書きである事が解ります。
その為一旦持ち帰り清書して送ると言う事になったのですが、
その帰路、動き出した馬車を牧場の者が追いかけて
「清書が来るまで、こちらで預かる」と言う事で、無理を言ってもらいうけたそうです。

その2ヶ月後、伊藤博文はハルビンで暗殺されてしまい、
清書が完成する事も無く、下書きが伊藤博文絶筆となったのでした。

d0153062_9443997.jpg


背の高いトド松の木は1922年(大正11年)に当時皇太子であった
昭和天皇の「お手植えの松」


龍雲閣は桜まつりの期間、公開されています。
歴史好きなら必見です。


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報  ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2013-05-09 09:48 | 静内 | Comments(0)

ロイヤルスイーツ

d0153062_93156.jpg


6日から開催された「しずない桜まつり」

複数の機関による気象情報を参考にしつつも
事前に満開時期を予想するのは難しいようです。

ここ数年、開催時期が早すぎたり、遅すぎたり
なかなかうまくいっていませんでしたが、
今年は、昨日満開宣言を出したようで
ほぼドンピシャです。

d0153062_934679.jpg


2006年には、天皇皇后両陛下が新ひだか町御来訪。

歴代の天皇、各種皇族、高官が貴賓舎として使った
龍雲閣をご視察されました。

(桜まつり期間中、一般公開しています)

この時、静内の菓子店「スイート ますや」の
菓子三品を茶菓子としてお召し上がりになりました。

d0153062_941515.jpg


ライディングしずない

アーモンドスライスの入った生地で、特製ホワイトチョコをサンド。

香ばしい風味とさっくりとした食感。

d0153062_95813.jpg


さくら龍雲閣

d0153062_954695.jpg


皮に山芋を使用。さつま芋餡包んだまんじゅう。

d0153062_9627100.jpg


北の零年


静内を舞台にした映画が名前になっています。
出演者の渡辺謙さんが、複数店に訪れているそうで
ちなんだ菓子を作ってみようとおもったようです。

d0153062_983296.jpg


ふんわりとした生地。
十勝小豆の餡となめらか純正クリームの生どら焼き

今年のしずない桜まつりは13日まで。
興味のある方はどうぞ(回し者ではありません・・・)


スイートますや
新ひだか町静内御幸町2丁目6-81
営業時間 9:00~19:00
休日 第2・4水曜


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2012-05-08 09:18 | 静内 | Comments(2)

スイートますや その3

d0153062_7464550.jpg


5月上旬に静内に訪れた際のみやげネタです。


スイートますや

前身は、1952年(昭和27年)創業の和菓子店「満寿屋菓子舗」

d0153062_747383.jpg
d0153062_7475591.jpg


2002年から現在の店名になり、
扱うのは昔ながらの和菓子を始め
テレビ等でも紹介されるような、洋菓子も多数。

静内に来訪した天皇皇后両陛下が茶菓子として召し上がったと言う
ロイヤルスイーツ(天皇陛下献上菓子)も3点あります。
それに関しては、別の機会にアップ予定。

d0153062_7483079.jpg


たまごチョコロール

スイートますやでは有名所。

d0153062_7491461.jpg


静内産の採れたて卵を使用した柔らかいスポンジに
北海道産の純正クリームを巻きこみ、
特製チョコでコーティング。

d0153062_7494331.jpg


豆乳モンブラン

スポンジの上に、豆乳と生クリームを混ぜた特製クリームで
ハスカップを包み
カスタードと生クリームに豆乳を入れた
豆乳クリームペーストを山型にかけられています。

d0153062_750121.jpg
d0153062_7503219.jpg


めったに行かない店なので
他にも色々購入してきました。

そのうち続編で。


スイートますや
新ひだか町静内御幸町2丁目6-81
営業時間 9:00~19:00
休日 第2・4水曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2011-05-26 07:53 | 静内 | Comments(0)

居酒屋 赤ひげ

d0153062_7234834.jpg


静内駅

先週末、しずない桜まつりの見物で降り立ち
レンタサイクルを借りて、いざ・・・と思っていたら雨が降ってきました。
結局、雨はしとしと降り続け、桜並木まで行くのは断念。

ここまで来て、手ぶらでは帰れませんので
周辺地域の食事処を巡ってみる。

d0153062_724875.jpg


居酒屋 赤ひげ

斜めから撮った方が、建物の立体感が出るのですが、
雨宿りをしながら撮った為、真正面の画像です。

d0153062_6231972.jpg


創業から40年程。
ご店主は温和な白ひげの老人です。

串焼、串揚
とんかつ、牛ステーキ、炭火焼若鶏半身など

昼は500円のランチメニューもあり。


ここのとんかつの話を耳にして、
折あらば行ってみたいと思っていました。

以前はピュアと言う近くの商業施設で
とんかつ、サラダの中心の店も営業していたようですが、
3年位前にこちらに業務を集約したようです。

d0153062_7243256.jpg


赤ひげ定食  1,050円

d0153062_7245579.jpg


肩ロースのとんかつ

d0153062_7252196.jpg


こだわりは、どびんに入っている特製ソース。
豚・牛の骨を、トマト、野菜などと共に長時間かけて煮込み
コクのあるソースに仕上げます。

ご店主曰く 「そのまま飲めるソース」 であると言う。

高麗白胡麻をすり鉢ですって芳ばしい香りを出し
土瓶のソースを入れ、カツをつけて食べます。


店内の独特な雰囲気と、白ひげのマスター。
折あらばまた来たいものです。


居酒屋 赤ひげ
新ひだか町静内吉野町2丁目2-39
営業時間 11:30~14:00
       17:00~22:00
定休  水曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2011-05-17 07:29 | 静内 | Comments(6)

ライディングしずない

d0153062_746734.jpg


静内

苫小牧駅から普通列車で1時間30分程。
2006年、三石郡三石町との合併で、広い意味でのくくりは
「新ひだか町」ですが、静内と言う呼称は現在でも存在しています。

明治時代の初期に大規模な牧場を区画された事に始まり
ウイニングチケット、トウショウボーイ、オグリキャップなど
有名競走馬を多く輩出した、競走馬の産地。

d0153062_7465570.jpg


二十間道路桜並木

昨日3日から 「しずない桜まつり」 が開催されました。
オープニングセレモニーとして
静内さくら大使のお披露目や和楽器の演奏などが行われたようです。

昨年の様子

昨年は満開のピークが早かったため、
開催初日には殆ど桜が散っていて、
今年は開催終了の9日が過ぎても、ほとんどの桜はつぼみのままで終わりそう。
(満開予想は12日前後)

公共機関の気象予報以外にも、民間気象予報会社の情報も元にして
まつり期間を設定したようですが
こればかりはなかなかうまくいかないようです。

その為開催期間の延長も検討されているようです。

d0153062_7473083.jpg


静内の有名な和洋菓子店 スイートますや

創業50年以上の和菓子店 「満寿屋菓子店」
が全身の老舗。

2002年に和洋菓子店 「スイートますや」 としてリニューアル。

d0153062_7482524.jpg


静内産玉子を使った生地に、生クリームと特製チョコでコーティングした
「たまごチョコロール」 などヒット商品を出し
テレビや雑誌などで紹介される事も多いです。

d0153062_7485172.jpg


「ライディングしずない」

天皇皇后両陛下がお召し上がりになったと言う
いわゆる天皇皇后両陛下献上菓子。

時期はおそらく行啓訪問のあった平成18年の事でしょう。

d0153062_749264.jpg


ネーミングは乗馬施設 「ライディングヒルズ静内」 から。
往年の天皇賞馬 「サクラユタカオー」 も
ゆったりと余生を過ごしているそうです。

d0153062_7494529.jpg


「チュール」と呼ばれるサクサクのアーモンド入りのクッキーで、
ほんのり甘いホワイトチョコをサンド。

香ばしい風味と、歯ごたえのある食感。
広い年齢層で受ける商品だと思います。


スイートますや
日高郡新ひだか町静内御幸町2-6-81
営業時間 9:00~19:00
定休 第二、四 水曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-05-04 07:52 | 静内 | Comments(4)

天皇陛下と龍雲閣

d0153062_8234151.jpg


月曜からアップしている静内ネタですが、
メインとも言えるのがこの場所、龍雲閣。

二十間道路の終わりに位置する、明治時代に建てられた貴賓舎。
今まで、歴代天皇を始めとした皇族や、様々な高位高官が訪れています。

右のトド松の木は1922年(大正11年)に当時皇太子であった
昭和天皇の「お手植えの松」

国宝級の展示物もありますが、国宝では無いので内部の撮影も可。

d0153062_824180.jpg


桜まつり開催時に一般公開されていて、記帳をして中に。
強制ではないようですが、募金箱もあるので幾らか入れて中に進みます。

そもそも天皇が訪れるような貴賓舎が、どうしてこのような東京からすると
辺境とも言える地に存在するのか?静内一帯の歴史を簡単に振り返る必要があります。

明治5年、初代北海道開拓使長官・黒田清隆が大規模な牧場を区画した事に始まり
この地は宮内庁管轄の御料牧場として
宮内御料馬の生産や、軍馬の拠出をしていく事になります。

実用的な車や、ましてや戦車など存在しない当時としては
馬は車であり、戦車。

今風に言えばここは、国営の巨大自動車工場。
その重要拠点の視察に訪れる皇族や高位高官も多く、
そう言った皇族達の行啓道路として造成されたのが、有名な二十間道路であり、
貴賓舎である、この建物「龍雲閣」だったのでした。

d0153062_8244838.jpg


一階には当時の食器や家具などが展示されていますが、
その中でも興味深いのがこれ・・・

d0153062_8255473.jpg


伊藤博文作の七言絶句。
明治42年8月、韓国皇太子殿下の案内役として来場し、
その折座興として書いたものです。

加筆訂正の跡がある事から下書きである事が解ります。
その為一旦持ち帰り清書して送ると言う事になったのですが、
その帰路、動き出した馬車を牧場の者が追いかけて
「清書が来るまで、こちらで預かる」と言う事で、無理を言ってもらいうけたそうです。

その2ヶ月後、伊藤博文はハルビンで暗殺されてしまい、
当然清書が完成する事も無く、この書こそが、伊藤博文絶筆となったのでした。

その時、牧場関係者が無理を言ってまで、もらいうけたのはどうしてなのでしょう。
当時の不安な世相から不吉なものを感じたからなのか・・・
私個人の推測では、相手は多忙な人、このまま帰してしまっては忘れられて
清書など届かない可能性が高いと考えたからではないでしょうか。

一般人には有名な人が来たらサインをもらったり、写真に残しておきたいと言った、
ややミーハーな気分が、当時の人にもあったように思います。
真相は知る由もないですが。

d0153062_8263765.jpg


龍雲閣2階。
平成18年に訪れている天皇皇后両陛下。

d0153062_8265962.jpg


ガイドの方から聞いて、陛下が立っていた場所から写真を撮ってみました。
遠くの生馬神社。

d0153062_8271473.jpg


前述の昭和天皇お手植えの松も見えます。

きっと「あの松は父君のお手植えです」などと言った説明を聞きながら
ご覧になっていたのでしょう。


近日中に龍雲閣、その2も予定。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-14 09:10 | 静内 | Comments(4)

スイートますや

d0153062_9607.jpg


静内近郊には創業30年、100年単位の有名老舗菓子店が
数店存在しますが、その中の一つ。スイートますや。

前身は創業50年以上の和菓子店 「満寿屋菓子店」
和洋菓子店「スイートますや」として新装開店したのが、2002年。

その後、独創的なスイーツも多数発売し、テレビ、雑誌で紹介される事も多くなり
そんな中でも有名なのが
静内に訪問された、天皇皇后両陛下がお召し上がりになったと言う、
いわゆる天皇陛下献上菓子 「ライディングしずない」と

静内産玉子を使った生地に生クリームと特製生チョコでコーティングした
「たまごチョコロール」

d0153062_963033.jpg


残念ながらたまごチョコロールは売り切れていたようなので
姉妹品、ホワイトチョコロール。

北海道産小麦の白く焼き上げた生地で
ホワイト生チョコを中心に、生クリームを巻き込み
特製ホワイトチョコガナッシュをペースト。

d0153062_97524.jpg


豆乳モンブラン。
地元豆腐屋の豆乳を使い、砂糖量も50%抑えた
健康にも配慮のスイーツ。

d0153062_971781.jpg


断面。
ハスカップの酸っぱさが、美味しさを引き立てます。


とても混んでいて 「写真撮らせて下さい」 などと言っている暇もなかったので
写真の代わりに楽天市場の ますやホームページ のリンクを張っておきます。
ちょっとした小ネタなんかもあって面白いです。
回し者ではありませんが、興味のある方はぜひご覧ください。


スイートますや
日高郡新ひだか町静内御幸町2-6-81
営業時間 9:00~19:00
定休 第二、四 水曜

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-13 09:35 | 静内 | Comments(6)

しずない桜まつり

d0153062_991697.jpg


静内駅。
苫小牧から普通列車に揺られる事、1時間30分以上。
この日は5月10日から17日まで開催されている
しずない桜まつりの見物です。

静内駅からまつり会場までの臨時バスも一日2本出ていましたが、
土地勘の無い場所なので、近くのホテルでレンタサイクルを借り
のんびりと周辺を見ながら、二十間道路桜並木や会場を目指します。

d0153062_993164.jpg


道すがら大小さまざまな牧場があります。

静内はウイニングチケット、オグリキャップ、トウショウボーイなど
有名競走馬を多く輩出している競走馬の産地としても有名です。

事前に競走馬のふるさと案内所に行き、連絡を入れてもらえば、
それらの牧場の見学も可能らしいですが、今時期は軽種馬の繁殖期の為、不可らしい。

静内と馬の歴史は明治5年、初代北海道開拓使長官・黒田清隆が
この地で野生馬が群れをなしているのを目にし、
積雪が少なく、野草が多いこの地は産馬改良に最適の地である事を知り
大規模な牧場を区画したことから始まります。

d0153062_9103354.jpg


二十間道路。駅から7キロ程でしょうか。

宮内庁所管の御料牧場であるこの地に視察に来る皇族、高位高官も多かった事から
明治36年皇族方の行啓道路として造成。

近くには龍雲閣と言う歴代天皇を始めとした、高位高官の為の貴賓館もあり、
まつり期間は一般公開されているので、合わせ見て来ました。
大変興味深いものでしたが、詳細は後日。

d0153062_9105012.jpg


二十間道路に桜が植えられたのは、大正5年からの事で、
近隣の山々からエゾヤマザクラ等の移植には3年の歳月を要しています。

撮影日5月10日の時点では、桜の半分近くは散っている状態で
こうなってしまうと、日本一とも称される桜並木も、普通の並木道。
平均満開日は5月10日らしいのですが、こればかりはなかなかうまくいかないものです。

d0153062_91148.jpg


でもでも会場は人でいっぱい。
露店も賑わっています。

d0153062_9112211.jpg

d0153062_9281649.jpg


メイン会場の花のトンネル。300メートルの桜回廊。

結局仲間うちで飲んで食べて楽しく過ごせれば
桜が咲いていようが、散っていようがそれほど大きな問題はないのかも。

d0153062_9123679.jpg


オープニングセレモニー。
実行委員長の挨拶や琴の演奏が行われていますが、
まつり見物と言って出かけてくる割には、見ている人はほとんどいません。

d0153062_9125254.jpg


静内さくら大使。
任期は2年らしく、昨年に引き続いての桜大使です。

余談ですが、現在苫小牧のハスカップレディも募集中。

d0153062_9132188.jpg


さくら大使の方から手渡されたもの。

会場内でかかっていたBGMは
 ♪恋しちゃったんだ たぶん 気付いてないでしょう~
YUIのチェリーでした。

私の記憶が確かなら、さくら大使のこの女性の名も 「唯」
まさに話のタネです。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-12 10:10 | 静内 | Comments(6)

天政

d0153062_9275048.jpg


先日は静内の二十間道路桜並木や
開催された桜まつりの見物に行ってきましたが、
2回連続で桜の投稿もどうかと思うので、まずは食事処ネタ。

静内駅から少し歩いた御幸町の天政。
名前から寿司屋と思われますが、とても大きな建物。
周辺地域でこれほどの規模の店は珍しく、
おそらく周辺飲食店のボス的存在と思われます。

d0153062_928141.jpg


訪れたのは昼時をとっくに過ぎた、15時頃でしたが、
客は案外多かった。
外観からも分るように広い建物なので、
何名で行ったかによって通される場所は異なるようです。

店名や佇まいから察しも付くように、寿司や天ぷら系のメニューもありますが、
蕎麦、中華と行った物もあり、メニューは豊富です。
2千円~3千円クラスのウニ丼、イクラ丼、海鮮丼と言ったものも印象深いですが、
コースメニューならともかく単品にそれほどのお金を使いたくないので、パス。

後で知った話ですが、
「静内産エゾシカ丼」なるものもあったとか。
一通りメニューを見たはずですが、気が付かなかった。今も存在するのか?
静内のエゾシカ肉は美味として、名も知れているらしい。

d0153062_9295438.jpg


ホエー豚天丼。
新メニューと書いてあったのでこれにしてみました。

d0153062_930569.jpg


静内にホエー豚の養豚家がいるらしく、
桜まつりの出店でも見かけたホエー豚。

普通の豚丼では無く、天ぷらにしている所がポイント。
以前別の店で肉の天ぷらを食べた事がありましたが、
食べてみると、この取り合わせは案外悪く無いと思います。


天政(てんまさ)
新日高町静内御幸町1-1-16
営業時間 11:00~24:00
不定休

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-05-11 09:53 | 静内 | Comments(2)