<< みぞれが降ってます 四季の味 熊谷 その2 >>

商船三井フェリー

d0153062_9385310.jpg


♪さんふらわあ~ さんふらわあ~ 太陽に守られて 行こう~
と言えば、知る人ぞ知る(大抵は知らないけど)
商船三井フェリーのテーマ曲。

今日からゴールデンウイーク。
中には12連休と言う方もいると思いますが、
長期で休みが取れれば、旅行と言うのもいいものです。

マイカーでの旅ならお世話になるのがフェリー。
そこで苫小牧~大洗航路のさんふらわあ船内のようすです。

まずはホテルで言う所のフロント周辺の様子。
エントランス?だったかな。

d0153062_9413684.jpg


展望ラウンジ。
展望浴室と言うのもありました。

d0153062_9431259.jpg


エコノミールーム。
宿泊研修の雑魚寝のようですが、
一番安い旅客運賃で旅行がしたい人には最適。

苫小牧~大洗の片道、車無しの料金は、通常期間なら8,500円ですが、
A、B、Cと期間設定があり、4月29日から5月6日はB期間となり
料金は11,000円。
(2009年4月現在)

大洗と言う場所は、ややピンと来ないですが、
茨城県で東京まで高速で90分ほどの距離の場所だそうです。

d0153062_9435750.jpg


その他にはカジュアル、スタンダード、デラックス、スイートと言う部屋もあり、
料金は上に行く毎に高くなります。
スイートで35,000円程。見た事も入った事も無いです。

写真はスタンダードだったかな?

エコノミーの一つ上のカジュアルルームで
通常期間で11,500円。B期間なら14,000円。
それでも飛行機や寝台特急と比べるとかなり安い。

d0153062_9441672.jpg


車両甲板。
フェリー利用者は大抵マイカーでの移動だと思いますが、
通常期間で車、運転手一人、エコノミールーム使用で
31,000円程。

d0153062_9445998.jpg


さんふらわあと言えば船体の太陽マークが目印。
船からの夕暮れ。

皆さん、良い週末、ゴールデンウイークを。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-04-25 10:17 | 苫小牧 | Comments(8)
Commented by John.John at 2009-04-25 11:34 x
エントランスが高級客船みたいですね
乗った事ないですけど・・・^^;
ラウンジも落ち着いてますね
じつは、フェリーって乗った事ないんです
ETCで高速料金が1000円という事もあるので
今年は、GWは例年より混んでるのでしょうか?
がじょうさんのご予定は?
Commented by りきぞう at 2009-04-26 13:40 x
がじょうさん、大洗まで行っちゃったの?(笑)
Commented by yoyokaka at 2009-04-26 16:04 x
船で何処名に行ってみたいな〜。
Commented by まかない@ at 2009-04-26 21:57 x
船旅、してみたいです~ (* ̄。 ̄*)イイナァ♪

フェリーに乗船したのはかれこれ10年も前のこと。
急ぐ旅でなければ、
移動時間を自由に過ごせる船旅がイイですよねっ
せっかくフェリーターミナルのある苫小牧に居るのですから、
近いうちに乗船してみたいです(*^^*)
え、エコノミーで(笑)
Commented by gajousan at 2009-04-27 09:36
Jhon.Jhonさん
苫小牧港のフェリーで一番評判がいいのは
フェリーオブザイヤーを受賞している太平洋フェリーですが、
こちらは一度も見た事も乗った事もありません。
きっとこの船以上に豪華と思われます。

ゴールデンウイーク期間は仕事ですが、
中の平日には休みもあります。
Commented by gajousan at 2009-04-27 09:38
りきぞうさん
今日も普通勤務。
休日には近場で観光客をするのがもっぱらの趣味です(笑)
Commented by gajousan at 2009-04-27 09:39
yoyokakaさん
内部に入ると、船は動くホテル、動く巨大な建造物。
不思議な気分になります。
高い部屋なら長期の旅行も快適だと思います。
Commented by gajousan at 2009-04-27 09:47
まかない@さん
フェリーターミナルからは見えませんが、
苫小牧漁港もすぐ近く。
フェリーを降りてすぐにマルトマ食堂のホッキ汁と言う
バイカーもいるとか。

スイートでの旅行には憧れますが、
高いお金を払ったからと言って、早く着く訳でも無いので
やっぱりもったいない気がします。
<< みぞれが降ってます 四季の味 熊谷 その2 >>