<< 初夏のウトナイ湖 その2 第一滝本館ごまだれ餅 >>

初夏のウトナイ湖

d0153062_9465846.jpg

久々にやって来ました、ウトナイ湖。

殺風景な工業地帯を思われがちな苫小牧ですが、
市街を少し行くと、広大な勇払原野、その北の端にあるウトナイ湖。
自然も豊富にある場所と言う事が再確認できます。
d0153062_9471136.jpg

それはさておき、この風景には少し違和感が・・・。
そうです。ウトナイ湖の岸辺にいた、白鳥やカモの姿が見当たりません。
予想はしていましたが、皆シベリアに戻ってしまったようです。

目の前には、2羽の白鳥がいるだけです。

d0153062_946824.jpg

一羽は明らかに羽根を損傷している白鳥でした。

一般的に渡り鳥の白鳥ですが、少しの個体はウトナイ湖に留まっています。
その大半は、電線などの人工物に衝突し、羽根を損傷して
飛ぶ事が出来なくなったものらしい。

どこかの公園から逃げてきて、
この地に住み着いているコブハクチョウも数羽見かけました。

以前、ウトナイ湖で羽根を痛めているオオハクチョウのメスに、
オスが寄り添い、繁殖した事もあったとか。
全国でも数例の珍しい事のようです。

来る観光客に次々にエサを与えられている、2羽の白鳥。
お腹がいっぱいらしく、明らかに食いつきが悪い。
d0153062_9473824.jpg

おや、カップル二人がなにやら大声をあげています。

それを見て周囲の子どもたちも近寄っていきます。
何だ、何だ・・・?

え、え~~~、これは・・・。

  その2、につづく。

  ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2008-06-13 10:13 | 苫小牧 | Comments(6)
Commented by ふぅちゃん at 2008-06-13 13:09 x
羽根を傷つけて帰れないのは可哀想だけど
とどまっても生きていけるなら良かったです(^^)

(昨日、ご訪問してコメントしたんですが
 なぜか載ってないですね(T∀T)

今日も応援ぽち!
Commented by マルコポーロ at 2008-06-13 20:16 x
こんばんは。

ウトナイ湖ですか。

良い感じですね、なにが見つかったのか!

ポチ。
Commented by takimotokan at 2008-06-13 22:38
根を損傷している白鳥ともう一匹・・・恋人が離れられなくて
一緒に残ってくれたトカ^^ ウトナイ湖伝説ができたりして^^



え、え~!!!!\(◎o◎)/その2が楽しみです(笑)

ポチ!
Commented by gajousan at 2008-06-14 10:23
ふぅちゃん
ウトナイ湖はエサが豊富で、外敵の少ない良い環境と思いますが、
夏はシベリア暮らしの白鳥にとってはやっぱり暑いのかも、ですね。

先日もコメントをくださったそうで、ありがとうございます。
多分システム障害の類ではないかと。すみません。
私も他のエキサイトブログユーザーの方にコメントした時
送信しても読み込まれた感じが無くて、やっぱり投稿に失敗していた
事が数回ありました。ごく稀な事です。
ぽち、ありがとうございます。
Commented by gajousan at 2008-06-14 10:25
マルコポーロさん
この後、子どもたちが妙に盛り上がっていたのが
印象的でした。
ぽちありがとうございます
Commented by gajousan at 2008-06-14 10:31
たきもとブロ担さん
その2羽のつがいは、次の年も繁殖に成功した成績のいい
つがいだったそうです。
大人になったハクチョウたちは、他の仲間たちと
シベリアに旅立つ事になるのでしょうか?ちょっとわかりません。
今年はコブハクチョウが抱卵中と聞きました。

珍客に遭遇したその2でした。
ぽち、ありがとうございます。
<< 初夏のウトナイ湖 その2 第一滝本館ごまだれ餅 >>