<< 白老仙台藩陣屋跡 白老ポロトコタン >>

ウトナイ湖のヒシクイ

エキサイトブログのサーバーメンテナンスが思いの他、長引いて
今までブログの更新が出来なかった~
と書いているのも時間が惜しいので本題に入りましょう。
d0153062_178255.jpg

ウトナイ湖鳥獣保護センター付近の白鳥などが集まる所に
今まで見かけなかった水鳥が。
ヒシクイです。

ヒシクイ。
漢字では 菱喰 と書くそうで、その名の通り、
ヒシと言う水生植物の実を、好んで食べる事から名づけられたそうです。
ウトナイ湖にはヒシが多く群生しています。

ヒシの実は成熟して乾燥すると、数ヶ所にトゲがあり、とても硬くなります。
時代劇で忍者が使う「まきびし」は、このヒシの実です。
鉄製の物もありますけど。

ヒシクイが食べているのは、成長途上の柔らかい実のようです。
人間の食用にも出来るそうで、昔はよく食べられていたとか
茹でて殻を剥いたヒシは、栗のようでうまいとの事でした。

d0153062_17411.jpg

後ろを行くは、おなじみのオナガガモ。ヒシクイの大きさが分かって頂けましたか?
d0153062_12244340.jpg

最初は口ばしや体色からはぐれマガンかと思ったのですが、
この立派なカメラを持つ方に尋ねてみたところ、あれはヒシクイとの事でした。
尋ねていなければ「マガンです」と書いていたところでした。

それにしても立派なカメラ。
メーカーや新品、中古にもよりますが、60万以上は軽くしそうな望遠レンズです。
羽毛の感触まで伝わってくるような、臨場感のある写真が撮れると思います。
うらやましい。
d0153062_12245422.jpg

ヒシクイは、カモ目カモ科マガン属と言うマガンとも非常に近い分類に入ります。
道理で似ている訳だ!

マガン同様、大変用心深いので、本来は白鳥やカモと一緒に
人間からえさをもらうタイプではないですが、
ウトナイ湖で通常見かける2羽のヒシクイは怪我をして飛べないのだそうで、
一度は保護されていたようです。

妙に人に慣れているのもうなずけます。

d0153062_1712795.jpg

おまけ画像

苫小牧駅近くの石像(?)
カモ系の水鳥を見るとついつい思い出す003.gif
説明は不要と思いますが、
アヒル?にスカートを引っ張られている女の子。
「イヤーン」な感じが笑えます。

  ブログランキング ←ぽちっとお願いします
by gajousan | 2008-04-23 12:55 | 苫小牧 | Comments(2)
Commented by takimotokan at 2008-04-28 19:48
「イヤーン」な感じ、いいですね(笑)
さすがにウトナイ湖の鳥たちも、ここまではイタズラっ子では
ないですよね^^

それにしても「ヒシクイ」という鳥の名前は初めて知りました!
もちろん由来もです。
余談ですが、鳥が1本足で立っていたのを初めて見た時、
あれ・・・怪我してしまって足がもしかして・・・と思ったのは
私だけではない・・・ですよね??(^_^;)
Commented by gajousan at 2008-04-29 10:49
たきもとブロ担さん
サーバーメンテナンスでアクセス数激減の日の投稿でした。
コメントたくさんありがとうございます。

以前家で飼っていた、セキセイインコも昼寝したり、ぼんやりする時は
何故か片足立ちをしていました。
このヒシクイも顔を羽にうずめてぼんやりしているところでした。
足は両方ちゃんとあります。
片足立ちの理由はちょっと分かりませんが、インコと同じ事をするんだな
と思って写真にしてみました。
<< 白老仙台藩陣屋跡 白老ポロトコタン >>