<< いたましい マルトマ食堂 その3 >>

チップヤード

d0153062_9491597.jpg

周辺地図を見ると、王子製紙チップヤードと記載されている場所。
港町にあり、この写真はマックスバリュ支笏湖通店付近からの写真。
300㎡以上はある、かなり大きな敷地です。
d0153062_9535956.jpg

王子製紙だから、紙に関する施設だろうぐらいの知識しかなく、
一般の人間が立ち入ったり、見物したりする場所でもないので、
ほとんど情報が集まりませんでしたが、一言で言えば、
紙の原料になる木材チップの受入施設のようです。
d0153062_9541057.jpg

写真は勿論立ち入り禁止区間に入ったわけではなく、
入り口付近から撮ったもの。
遠目で見ているのでチップの具体的な大きさは不明ですが、
マツ、スギ、ヒノキ
ブナ、ナラ、カバ、サルスベリ、アカシアなどなど
紙の原料となるチップが積まれているようです。

最近はほとんどがオーストラリア、南米、南アフリカからの輸入品が多いとか。
d0153062_9542247.jpg

ここからチップを運び出すトラックが出入りしています。
別の工場に運んで、チップに薬品を混ぜて、高温、高圧で煮詰めるという
蒸解と言う工程を経て、紙の原料となるパルプになるそうです。

それで苫小牧は材木の匂いと言うか、パルプの匂いがするんですね。

  ブログランキング ←ぽちっとお願いします
by gajousan | 2008-03-27 10:07 | 苫小牧 | Comments(2)
Commented by マルコポーロ at 2008-03-27 18:57 x
こんばんは。

チップも外国産ですか!
蒸解ですか、薬品は強酸ですかね。
ぽち。
Commented by gajousan at 2008-03-28 10:00
マルコポーロさん
8割方、外国産と何かの新聞記事で見たような気がします。
使っている薬剤は・・・なんでしょうね?分かりません。

ぽち、は最近し忘れてますね(笑)
コメントありがとうございます。
<< いたましい マルトマ食堂 その3 >>