<< カフェレストラン ひまわり その2 義実食堂 >>

有珠の沢 散策

d0153062_923411.jpg


有珠の沢


苫小牧駅がこの辺りで
「有珠の沢」は、このあたり・・・。

こんな感じに、地図を指さしながら説明できれば簡単なのですが、
他の地域にいると、なかなかその位置関係は理解できないらしく
身内からも心配するメールが来ていたりして・・・。

d0153062_9242932.jpg


苫小牧川と有珠川の合流点の見える「有珠川橋」

有珠川方面を上流側へ進む。


d0153062_924578.jpg


養護老人ホームを過ぎたあたりから有珠の沢町。


有珠川の原名は
マーパオマナイ(潤の上手にある川)である事から
アイヌ語の入江、湾の意味を持つ「ウシ」が有珠になった等
幾つかの説はあるものの、決定的な物は無く
その名称の由来は、不明とされている。


明治時代にはアイヌの集落がありましたが
アイヌの人々が白老方面に移住した後は
一部では植林などが行われましたが、ほとんどが放置されていました。

d0153062_9264772.jpg


この沢が住宅地として開発され、一般に分譲されたのは
1970年代中期から。

シーアイ団地、シーアイタウンと言う言葉を
この辺りでは目にしますが
開発主体となった伊藤忠商事の社章「C・I」
がその由来。


その後も周辺を軽く見て歩いたのですが
よそ者がカメラ片手に住宅街を歩いていて
あらぬ疑いがかかっても困るので、写真は無し。

基本住宅街なので、ここに住んでいない人は
知ってはいても、なかなか来る機会は無いかもしれません。


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報  ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2014-09-16 09:28 | 苫小牧 | Comments(0)
<< カフェレストラン ひまわり その2 義実食堂 >>