<< 日本橋 その23 お食事処 味しん その4 >>

心に残る外食 File.1



心に残る外食


私自身の外食話「食べある記な話」

今回のお題目は、とても印象に残る
あるお店のあるメニュー。



そこは、とある中華系の料理を出すお店。


d0153062_7362865.jpg


中でも麻婆豆腐は本場四川料理の流れを汲む
相当辛いものであると言う。


「相当辛いですが、宜しいですか?」
と注文の際聞かれました。

中辛にしてもらう事も出来るらしいのですが、 
特に気に留めずに通常通りにしてもらいました。



一口食べて、喉に香辛料が効き、軽く咳をしながら
中辛にしなかった事を激しく後悔しました。

辛いと言う感覚には、かなりの個人差があるので
話で聞いている限りでは辛さの度合いは、なかなか分からないもの。
刺激が足りないと不満足ですし、辛すぎても味わう余裕が無い。

d0153062_7365727.jpg


「半分残そうか? 三分の一は残そうか?」

一口食べるごとに、自分に問いかけつつ何とか完食。
自分で自分を褒めてあげたい。


しかし、問題はこの後だった。
辛さと言うのは、甘さやしょっぱい等の味とは異なり
根本は刺激、痛みであると言う。

喉から胃、胃から小腸、大腸へと移動しても
辛さの刺激は消える事は無かった。

唐辛子の辛み成分「カプサイシン」は
消化の過程で分解される事は無く、
最終的には便として身体の外に排出される事になる。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

そうです。全てを出し切って
ようやく辛さから解放されたのでした。


d0153062_7381584.jpg


余談ですが、

苫小牧近郊地域にある、とあるラーメン店では
限界を遥かに超え、スープがもはやスープでは無く
ペースト状になっている程、唐辛子を投入したラーメンがあるのですが
(スプーンで唐辛子10杯~50数杯程)

完食した翌日
トイレで用を足すと
 「物」 が真っ赤であると言う。

真相は定かではない・・・。


最後に、
これは特定のお店、メニューへの批評等では決してなく
自分の辛さへの耐性を超えた食べ方をしてはいけません
と言うお話である事を念の為、付け加えておきます。


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2013-02-28 07:42 | 苫小牧 | Comments(3)
Commented by きまま at 2013-03-01 17:05 x
うわー美味しそう!辛そう!!しびれる辛さ!!!
完食すごいです!お疲れ様です

私も先日辛い麻婆豆腐が食べたくとあるお店で
『とても辛くして下さい。涙と汗が止まらないくらい!』というジェスチャーもまじえて

たしかに見た目は真っ赤かで辛そうなんですが、よくある
『辛い=しょっぱい』的な…というか求めてた辛さでもなくただしょっぱいが強い的な;;

悲しかったです;と、いうかメンドくさいです自分…

辛い麻婆豆腐食べたいです!中華カテゴリーにこのお店の記事ありますか?探してみます!!
Commented by きまま at 2013-03-01 17:26 x
わかりました!!このお店!!
コースターで、あっ!!と

元、従業員ですw 部署は違いますがww
Commented by gajousan at 2013-03-04 08:37
きままさん
ここほどでは無いですが、
一代さんの麻婆豆腐も辛めです。
辛くしてくださいと言えば、これに匹敵する位の
辛さになるかも。
<< 日本橋 その23 お食事処 味しん その4 >>