<< レストラン ネピア その3 ホッキ炙りめし (とりあえず逢海) >>

王子軽便鉄道(山線)

d0153062_8561884.jpg


王子軽便鉄道


海側に設置された軽便鉄道も存在し(現在の日高本線)
そちらは「浜線」
山側に設置されたものを「山線」と呼ばれ親しまれてきた
王子軽便鉄道。


東京の紙の博物館に展示されていた山線が
苫小牧に帰還したのは1996年。
その翌年から山線や、当時の歴史を振り返ってもらおうと
毎年行われている 「山線まつり」

今年は9月2日、3日の予定だったようですが、
台風の影響もあり中止になってしまったらしい。

d0153062_857893.jpg


4号機関車

明治41年(1908年)に千歳発電所を建設する際、機材や物資を運ぶため
苫小牧工場から支笏湖までを走りました。
支笏湖が景勝地として宣伝されるに伴い、便乗を願う遊覧者も増えたので
後に一般客の乗車も許可されました。

現存するのは、アカシア公園内の4号機関車だけです。
平成19年(2007年)経済産業省の「近代化産業遺跡」として
この山線4号機も認定されました。

d0153062_8575563.jpg


貴賓車

大正11年、視察に訪れた当時皇太子だった昭和天皇の為に
客車を改造したもの。

全長7.11メートル


通常はゲート内には、入れません。
過去の山線まつり画像の蔵出し。

d0153062_8583143.jpg



内部は2層構造。
入り口側は一般車両と言う感じ。

d0153062_8592116.jpg


年代物なので、ちょっとぼろぼろですが
床は模様付きの絨毯。
座席はビロードを敷いた豪華なもの。

d0153062_90676.jpg


12月 街の灯彩

山線もイルミネーションで飾りつけられていました。


  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2011-09-06 09:03 | 苫小牧 | Comments(0)
<< レストラン ネピア その3 ホッキ炙りめし (とりあえず逢海) >>