<< ごはん・Cafe Smooth 味み亭 よってや >>

鹿肉缶詰 ラベル

d0153062_8142463.jpg


苫小牧市博物館

1985年(昭和60年)
青少年センターの郷土資料室から博物館として分離。
市民文化公園内に開館しました。

古代人やアイヌ民族の土器や衣類など考古資料。
北海道の動物。剥製、ジオラマ等。
開拓期、スケート関係等の資料が展示されています。


内部の撮影は不可。
ただ、許可を取れば撮れなくも無いのですが、やはり止めておきます。

開館記念日である11月3日(文化の日)と
5月5日(こどもの日)は無料開放されます(通常 大人300円)

連休中、良い機会なので久々に行ってきました。
それに合わせて「黒曜石ナイフ作り」 「エゾシカクイズ」と言った体験イベント他

ドラえもんの映画なども放映されていました。
声優さんが大山のぶ代さんの 「ドラえもんのび太と鉄人兵団」
我々の世代だと、ドラえもんと言えばやはりこの声ですが、
今の子供たちには、違和感があるかも。 

d0153062_815192.jpg


その中の一つ 「鹿肉缶詰のラベル作り」

これに色鉛筆で色を塗り、自分だけのラベルを作ると言う体験イベント。
レプリカを見ると赤を基調としたラベル。
鹿の絵画の部分は複数の色分けがなされ
まともに色塗りをすると1時間以上はかかりそうなので、紙だけもらっておく。


1,874年(明治7年) 現在で言う所の、苫小牧と千歳の境界近く、字美沢に
「美々鹿肉燻製所」が作られ、この地に鹿が多い事もあり

1,878年(明治11年) 燻製所を利用して
「美々鹿肉缶詰製作所」が作られ操業を始めます。

最初の年は76,000缶を製造し、順調なスタートを切りました。
しかし1,879年(明治12年)
全道的に稀に見る大雪に見舞われ、鹿は動く事が出来なくなり
数10万頭が死に、その姿をほとんど見る事が出来なくなりました。

この鹿の減少が決定的な打撃になり
1,880年(明治13年) から休業。
1,884年 もはや再興の見込みは無いと言う理由で正式に廃止されました。

d0153062_815206.jpg


ラベル 文字部

当時の缶詰は鹿肉を適当に切り、塩を加え、間を密封し、
約2時間ほど煮てから穴を開け、水蒸気を噴出させ、
再び密封して冷水にて冷やすと言う方法で作られ
外国にも輸出されていたようです。

説明書きによると、
そのままでも、温めても食べる事が出来ます。
温める時は30分間、熱湯に入れるとあります。


王子製紙苫小牧工場の操業より30年以上前の近代工業。
現在は跡地に記念碑と解説板が立っています。


苫小牧市博物館
苫小牧市末広町3丁目9-7
営業時間  9:30~17:00
休館日 月曜日、祝日、年末年始(12月30日~翌1月6日)
※「こどもの日」「文化の日」が月曜日の場合は開館し、火曜日・水曜日に休館

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 苫小牧情報 ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2011-05-11 08:18 | 苫小牧 | Comments(0)
<< ごはん・Cafe Smooth 味み亭 よってや >>