<< 三星 ポンエペーレと勇武津あられ らーめん縄文 その4 >>

銀寿し 中央亭

d0153062_7404590.jpg


創業46年の歴史に幕。銀寿し閉店へ。


この報道に驚かれた方も多いのではないでしょうか。


美唄生まれのご店主が、札幌の寿司店で修業を始めたのが21歳の頃。
28歳でススキノに自前の店を持ちましたが、軌道に乗らず一年で閉店。

再起をかけ、苫小牧に店を構えたのが1964年。
苫小牧港では国内初の掘り込みが行われ
企業立地が相次ぐなど、街が賑やかになって来た時代。

店は繁盛し 1969年、今の場所に移転。
職人12人を雇い、最盛期を迎えます。

d0153062_741714.jpg


社用族の宴会の場として、お世話になった方も多い事でしょう。

市内屈指の高級処として知られ、
お好みで幾つか握ってもらった後、
支払いの金額を聞いて驚いたり、
冷や汗ものだった人も多かったのだとか。

d0153062_7412826.jpg


閉店の告知の後は、連日繁盛しているとの事。

「この位いつもお客さんが来てくれていてば、
閉店する事もなかった」
と目の前の板前さんが言っていました。

バブル崩壊後は客足も落ち、
売り上げは最盛期の半分。

閉店の理由はご店主が、ガンの宣告を受けた事。
それに加え、回転寿司など手軽な外食の台頭もあり
「誰が継いでも経営は厳しい」 と言う思いに至ったと言う事も
理由として大きいようです。

d0153062_7414770.jpg


ランチコース  2,625円

もずく酢


ちなみに写真を撮る旨、手前の板前さんに話し
了承を頂いています。

d0153062_742775.jpg


帆立もろこし

とうもろこしと帆立の入った
ポタージュの固まったようなもの。

d0153062_7422913.jpg


茶碗蒸し

d0153062_7431473.jpg


寿司

この後、海苔巻きも出ました。

d0153062_7433348.jpg


吸い物


市内で一時代を築いた老舗の閉店。
特別な思いのある方も多いと思います。

46年間、お疲れさまでした。


銀寿し 中央亭
苫小牧市錦町2丁目1-10
営業時間 11:00~23:00
年中無休  (2010年11月末で閉店)

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-11-29 07:46 | 苫小牧 | Comments(0)
<< 三星 ポンエペーレと勇武津あられ らーめん縄文 その4 >>