<< 中華料理店 三匠 その3 パスタ・デ・ドーモ その6 >>

♪ウトナイの湖畔~ 6月

d0153062_10445822.jpg


道の駅 ウトナイ湖

オープンから8か月経ちました。
通常はもっと客は少ないと思いますが、
この日(6月27日)は、フリーマーケット等催しがあったようで
賑やかです。

d0153062_10451763.jpg


♪ウトナイの湖畔~

カモやハクチョウは故郷に戻ってしまったので
今は何もいません。

コブハクチョウや羽根を痛めて飛べないハクチョウは、数匹いると思いますが、
この状況だと来る客来る客に、エサを突き付けられて
さすがに煩わしいらしく、周辺にはやはり見当たりません。

d0153062_10455064.jpg


水面では水鳥の代わりに、コイがエサをねだっています。

金太郎の池じゃあるまいし、少しの違和感は否めません。

d0153062_10461537.jpg


道の駅内部も賑やか。
ファームソレイユ製品が目立ちます。

d0153062_10465495.jpg


話は変わりますが、第一話がウトナイ湖から始まった
日本テレビ系列の「Mother」 が先週、最終回でした。

重い内容を扱っている為、視聴率的には平凡でしたが、
周囲の人たちの人間模様も含め
メッセージ性のある、素晴らしいドラマに仕上がっていました。

また  [10年春ドラマ]最終的に満足度が高かったドラマは?

と言うヤフーリサーチの統計においても
2位以下を倍近く引き離す、1位になっているなど
総じて評価も高かったように思います。
これは、ラストシーンの影響も大きいのではないでしょうか。

主人公たちが置かれている状況下においては
もっとも現実的、かつ最良のラストで、未来を思うと救いもありましたが、
いわゆるハッピーエンドでは無かった。

その事には多少の物議もあるようですが、
私はあれで良かったのではないかと思いますし、
内容的には完結しているので、続編の必要も無いように思います。

渡り鳥の来る春先には、思い出すドラマになりそうです。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します

にほんブログ村 北海道食べ歩き ← 応援頂ければ幸いです。
by gajousan | 2010-06-29 10:49 | 苫小牧 | Comments(4)
Commented by kaz at 2010-06-29 21:59 x
小学校の時クラスの旅行で行って水浴をしました。
なぜかひとりだけ蛭にたかられ、みんなで取ってやったのを覚えてます。

今も水浴は出来るのでしょうか?
Commented by gajousan at 2010-06-30 09:48
kazさん
温泉施設等があった一昔前とは事情が大きく異なるため
現在は水泳等は不可ですし、
またそう言う気分になる場所でも、無いように思います。
Commented by まかない@ at 2010-06-30 23:37 x
「Mother」。
何と行っても、子役の圧巻の演技でしょう。
大人も飲まれるほどの技量って、
しかも虐待の心理を映す演技って・・
心が痛みながら見逃せませんでした。

ウトナイ湖のえさやり。
黙認する姿勢って、改められないのでしょうか。
ふれあい動物園ではないのですから、
自然のままを守るための規制を強く押し出してこそ、
ウトナイ湖の価値も意識もあがると思うのですが。
聖域の意味をもっと尊重してほしいです。
Commented by gajousan at 2010-07-01 07:52
まかない@さん
子役、芦田愛菜ちゃんの演技力が特に光っていました。
役柄は8歳ながら、実年齢5歳(最終回の日に6歳になった)
と言うのも驚きです。
後に天才子役、芦田愛菜の出世作と呼ばれるのは間違い無いでしょう。

ウトナイの件は、道の駅ができて以来
諸問題ありますが、不法のえさ箱だけは何とかしてもらいたいものです。
なぜ、あのような弱腰の対応しか出来ないものか・・・。
<< 中華料理店 三匠 その3 パスタ・デ・ドーモ その6 >>