<< ラーメン 鳥よし すし一代 >>

勇払散策

d0153062_9421880.jpg


勇払駅のプラットホーム。
近くには1962年に建てられた、年期物の駅舎があります。


勇払の語源はアイヌ語の「イ・プツ」 (それの・入口)を意味する言葉。
それとはどれの事か?長年謎とされていましたが、
シコツ(現在の千歳)を指すとする説が有力。

鎌倉時代末から室町初期の丸木舟が、旧勇払川右岸より発見されるなど
土地の歴史は古く、江戸時代~明治初期は
アイヌ民族との交易、生産物の積み出し、集荷を行う要衝でした。

明治6年(1873年) 行政の中心が苫細村(苫小牧)に移った事など
市内中心部とのアクセスが悪化した事もあり、現在は小さな町ですが、
大企業の工場が複数ある、重要な生産拠点でもあります。

d0153062_942477.jpg


苫小牧の近代史を語る上で、まず登場するのが
「八王子千人同心」

1800年、蝦夷地の警備、開拓の為、蝦夷地に移住した100名。
しかし、慣れない気候風土の為、犠牲者も多く出て
数年後、惜しくも解散となりました。

勇払ふるさと公園内には「蝦夷地開拓移住隊士の墓」もあり
苫小牧市指定文化財に指定され、手厚く保護管理されています。


余談ですが、その後の
1870年(明治3年)~1872年
高知藩70余名が、勇払、千歳に派遣され分領支配と開拓が行われています。

1857年、1863年、高知藩による北海道視察、
勇払、千歳を中心とした蝦夷地開拓計画が存在し
その情報は坂本龍馬にも伝えられたそうで、
龍馬の意思と勇払の開拓を繋ぐ、壮大なロマンを研究している人たちも存在するらしい。

d0153062_9431876.jpg


北海道指定文化財史跡

「開拓使三角測量勇払基点」

明治初期の北海道測量、その最初の基点。

d0153062_9433134.jpg


勇武津資料館

幕末の勇武津会所を模した建物で
苫小牧市制50周年、八王子千人同心移住200年を記念して
2001年(平成13年)開館。

内部には、勇武津会所、八王子千人同心、開拓使三角測量、
弁天貝塚、アイヌ民具や北前船関係の資料が展示されています。

入場は無料ですが、
事前に十分な予習をしていないと、難易度は高い。

d0153062_9434342.jpg


ある意味、道内で最も有名な勇払の史跡は
案外ここなのかもしれない・・・。

まだ存在しています。健在です。
詳細は後日。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2010-03-16 10:45 | 苫小牧 | Comments(6)
Commented by rigo at 2010-03-16 12:43 x
おー、勇払ですか!懐かしい!!
私が旭川より移り住んだのが3歳のころ。
勇払ふるさと公園近くの市営住宅にも住んでいました。
今ではすっかり寂れてしまったことでしょう。
次に帰省する際には幼い頃の面影を探しに行きたくなりました。
Commented by 鎌ヶ谷住人 at 2010-03-16 16:18 x
勇払は懐かしいです。
「鳥よし」のラーメンのおいしさは一度ではわからないって
評判でしたが、最後までわからずじまいでした。
Commented by yah-_-yah at 2010-03-16 17:06
苫小牧に通うようになって3年以上になりますが、意外に苫小牧での行動範囲は狭く、せいぜい沼ノ端~苫小牧駅の間くらいです。
西側とそしてこの勇払地区はほとんど「未知の地」。
でもこの勇払地区、散策すると楽しそうですね。僕も今度ヒマを見つけて散策してみたいです。
Commented by gajousan at 2010-03-17 10:02
rigoさん
かつて、周辺地域では中心街でしたが、
今は静かな街と言う印象です。
史跡も点在しているので、ある程度の勉強をしていると
違う発見もあるかもしれません。
Commented by gajousan at 2010-03-17 10:03
鎌ヶ谷住人さん
「北海道で一番美味い」 「全然ダメ」
と言う人色々です。
それは他のラーメン店も同様ですが。
Commented by gajousan at 2010-03-17 10:05
yah-_-yahさん
近代に作られた娯楽施設の町では無いので
意味を感じられるには、ある程度の知識も必要かもしれませんが
苫小牧の他の町とは違った風情があるように思います。
<< ラーメン 鳥よし すし一代 >>