<< 中華と定食 花まさ そば処 東家 新中野 >>

苫小牧研究林と幌内川

d0153062_9381799.jpg


明治37年に創設された北海道大学苫小牧演習林。
現在は研究林と改称されましたが、どちらの呼び方も存在します。

今回は道路横の道から。
撮影日は10日ほど前なので、まだ紅葉には早かったようですが、
今時期ならそろそろかも?

d0153062_9383526.jpg


入り口前の池のような場所。

通常マガモがいるはずですが・・・。
遠くに少し写っています。

d0153062_9385924.jpg


研究林の内部を水流や水深が様々な幌内川が流れています。
水がきれい。

d0153062_9392389.jpg


全国でも屈指の水質を誇る幌内川。

この先には取水場があり
一部は苫小牧市民の飲料水でもあります。

d0153062_9393982.jpg


リスの姿を何度か見かけました。

バズーカのような望遠レンズで鳥や小動物の写真を撮っている
愛好家の姿も多く見かけます。

d0153062_9395545.jpg


既に落葉している場所もありましたが、
紅葉はたぶんこれから。

昨年の道内では総じて、紅葉前に葉が枯れて落ちてしまった感があり、
秋の紅葉と言う気分にはなれなかったですが、
今年はどうしょう?

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-10-10 09:58 | 苫小牧 | Comments(8)
Commented by rigo at 2009-10-11 10:19 x
おー、演習林。
高校の頃、部活でよく走りました。。

毎日楽しく見ています。
苫小牧を離れて10数年経ちましたが、
帰省するたびに変わる街並みを隅々まで見ることが出来て嬉しいです。
これからも更新続けてください。
Commented by ワニぷら at 2009-10-11 15:39 x
こんにちわ!ぽちっ☆
秋!ですよね~。
リスがとっても可愛いです(*^^)v
こういう静閑な場所は私も大好きなのですが
1人では怖くて行けない場所がけっこうあります。
でも、写真を撮る様になると四季を身近に感じられる事が
楽しいです。
カメラに興味がないと気付かずに通り過ぎてる自然の様々な
移り変わりに触れられるのが面白いですね!
Commented by 赤ワインちゃん at 2009-10-11 19:51 x
すばらしい写真ですね。
水中の魚が写っていますね。
PLフィルター使ったのですか?
おそばやさん、今度苫小牧に行ったら
ぜひ行ってみたいです。
北海道弁のナ行は「なまら」でしたか。
「なまずるい」っていうのはご存じですか?
函館近郊ではよく使います。
Commented by gajousan at 2009-10-12 21:53
rigoさん
いつもご覧くださいましてありがとうございます。
遠足や部活動で訪れた経験は無いですが、
周辺の方にとっては思い出深い場所のひとつではないかと思います。

休日に悪天候が続くと、ブログネタとなる情報が不足して来る事もありますが、
基本、見たい事、調べたい事柄はまだまだありますので
地道に更新を続けていきたいと思います。
応援ありがとうございます。
Commented by gajousan at 2009-10-12 21:58
ワニぷらさん
冬に備えてエサを探して貯えているエゾリスでしょうか。
これでもかなりの望遠なのですが、
運動会で遠くにいる子供の写真を撮る程度の望遠なので
こんな感じです。
近くにいる方は、レンズだけで30万も50万もしそうな
望遠レンズをしようしての撮影でした。

これから紅葉の時期になるので、時間の許す範囲で
周辺地域の紅葉の様子も見たいものです。
Commented by まかない@ at 2009-10-12 22:03 x
りす!
よく見つけましたね~っ、がじょうさん!(*^^*)
すっごく可愛く撮れてます♪
演習林の紅葉は苫小牧でも屈指の見事さと聞いてます。
台風一過のあとですが。。。
紅葉燃える貴重な1日の、そのタイミングが難しい!
今年はうまく見れるかしら~ ウーン (Θ_Θ;)
Commented by gajousan at 2009-10-12 22:07
赤ワインちゃんさん
特にこれと言った設定を変えない、フルオートの写真ですが、
夕方に近く、やや日差しが弱かったので
いつもとはまた違う仕上がりの画像になったように思います。

なまずるいは、ちょっと違うタイプの
「へなまずるい」 で このかるたでも存在し、
北の国からでも、使われていたように思います。
順君が好きだったのはそのへなまずるい人の娘さんで
確か最後は家族で夜逃げしてしまうはずでした。
(北の国から 87初恋)
Commented by gajousan at 2009-10-12 22:13
まかない@さん
この辺の小鳥は、手のひらに乗せたエサを食べるほど
慣れている物もいますが、リスはさすがにそこまでは行って無いようでした。
近くで写真を撮っていた方によると、この辺りをなわばりにしているリスで
探し回るよりここで待っていた方が良いとの事でした。
昨年は時期外れに寒い時期が続きましたが、
今年は今の所そうでもないので、この調子で行けばと思います。
<< 中華と定食 花まさ そば処 東家 新中野 >>