<< 道の駅ウトナイ湖オープン 初秋の金太郎池 >>

錦多峰川のサケ

d0153062_8313186.jpg


錦多峰川(にしたっぷがわ)
苫小牧においてサケが遡上する川として有名です。

ニシ・タップ  = 雲、覆う山
ニ・シタプ   = 樹木・収縮する・所
ニ・ウシ・タプ = 木の多い山

と意味は諸説ありますが、
ニュアンスが示す通りアイヌ語なのは間違いありません。

昭和初期まで錦岡の町名でもありました。

d0153062_8315190.jpg


下流から少し上って行くと、
川に、すのこ状の障壁を作り、カゴにサケを追い込む
ウライと呼ばれるものが設置されています。

ウライと言うのもアイヌ語。
太古の昔から行われている、原始的ながら有効な狩猟手段。

念の為に説明しますと、密漁者が違法に設置したものでは無く
サケマスふ化場が採卵、人工ふ化の為に設置したもの。

昨年は22,883尾。
897万5千粒が採卵されました。
サケの量は減少傾向で、全道平均で前年比35%減と言う
厳しい予測もあるようです。

d0153062_8321354.jpg


たくさんのサケの姿が見えます。

父親は、シャケ、あきあじと呼んでいて、
普段は私自身もそう言っているので
サケと書くとやや違和感を感じます。

d0153062_8331129.jpg


アイヌの人々ならずとも、思わず川に入って捕まえてみたくなりますが、
密漁になるので不可。

d0153062_8332916.jpg


ウライからサケを捕獲する様子は、
残念ながらこの時は見る事が出来ませんでしたが、
昨年、登別川にてその様子を見てきたので

登別川のサケ ← も是非ご覧ください。

d0153062_834748.jpg


アイヌの人々は、上流の村にもサケが行き渡るように
必要以上の狩猟はせず、極力産卵後の弱ったサケを獲ると言った
来年以降の事も考えた狩猟をしていたと言います。

d0153062_8342388.jpg


ウライのある両脇には、見物者の為か駐車場もあります。

明治14年(1881年)
北海道視察に訪れた明治天皇が小休憩を取った
由緒正しい場所でもあり、その事を記した碑も
大正8年(1919年)に建立されています。

  人気ブログランキング ← ぽちっとお願い致します
by gajousan | 2009-09-30 09:25 | 苫小牧 | Comments(4)
Commented by りきぞう at 2009-09-30 11:36 x
ガキの頃は錦多峰川で鮭とって遊んでたんですけどねぇ。
川遊びが出来た川だったんですが、今の残念な姿にいつもがっかりします。
Commented by ブルースカイ at 2009-09-30 21:20 x
こんばんわ(^^)
実は、サケが遡上してくる姿はまだ一度も見たことがないんですよ。
豊平川にも年に数回しか行かないですし、ふるさと小樽の川にはサケが遡上してこないですしね…。

それにしてもすごい数が来るんですね!!
でも全道で35%減と言うからには、やはり川の水が汚れていたり、川自体の構造にも問題があるのでしょうか?
Commented by gajousan at 2009-10-02 10:10
りきぞうさん
子供の頃は海水浴でウニを獲ったりした事もありましたが、
大人がやると、最悪怒られる位では済まないようです。
錦多峰でも毎年何人か密漁で捕まる方がいるとか。
Commented by gajousan at 2009-10-02 10:15
ブルースカイさん
サケが減っているのは、たぶん温暖化など
地球レベルの問題のような気がします。

登別、白老と言った近郊にもサケが遡上する川があり
この時期は毎年川を眺める事も多かった様に思います。
<< 道の駅ウトナイ湖オープン 初秋の金太郎池 >>